ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ダライ・ラマ法王14世のお話会

11月17日土曜日午前中、日比谷公園大音楽堂にて、
ダライ・ラマ法王14世のお話会がありました。

e0112619_9112487.jpg
穏やかな秋の青空の下、集まった人達が、
しん、と静まりかえって、
その声に耳を傾けました。

難しい言葉を使わず、このような会場で多くの人へ向かって
メッセージを送られたわけは、
若い人たちにも、今、人間の行いに気付き、
これからの未来に向けて、
自分が何をしたらよいかということを、
頭を使って考えてほしい、
ということだったのではないかと
受け取りました。

聞いた人が、はっとして、
今、すぐにでも動いてくれるように、
わかりやすく、ユーモアを交えながら、
優しい中に厳しいことを
平和を当たり前に過ごしている今の日本の人たちへ、
教えてくださっていました。

慈悲・利他の心を持つこと、
心の在り方、
教育の問題、
(仏教を)学ぶ姿勢、
戦争に対しての考え方、
色々な問題に対して、
対話をすること、
脳を使うこと、
などなど、
2時間たっぷりお話しくださいました。

社会の仕組みを変えるためには、
物質的なものの考え方をする今の日本の教育を
内面の心の教育にしていかなければならない。
仏教を拝んで願う対象とするのではなく、
仏陀は何を教えているのかを学ぶ時代になっている。
とのこと。

仏教を伝えようとした遣唐使の人たちも、
仏教に生き方を学んでいたのではないのかな、
と、夏、唐招提寺で実感した。
仏像に手を合わせたら、
極楽浄土に行けるということではないのでは?
変だと感じることは、やっぱりそうだ、
となることが多い。


教育も宗教も、その根本は、
人間が、よりよく生きるために発生したものなのに、
たぶん、ねじ曲がって今に至る。



そのメッセージを受け取り、
今すく行動を、
と、伝えられ、
どう動くのか、
が、昨日、多くの人への宿題。

わたしは、何をしていくべきなのか。。。







[PR]
by totoko110 | 2018-11-18 09:11 | イベント

喫茶店

今年の夏、桃のデザートがおいしかった喫茶店で、
リンゴのケーキをいただきました。
今回も、通信大学スクーリングの帰り道。
e0112619_10104941.jpg
アップサイドダウンケーキ。
自分で作ったことも、
どこかで食べたこともないのに、
懐かしさが感じられるお菓子でした。
ケーキの底に甘く煮た果物を並べ、
上から生地を流し込んで焼くケーキ。
焼いた後、生地と果物がなじむように
1日置いてから出されているとか。
お皿に足す時には、煮た果物が上になるように出すから、
アップサイドダウンケーキ。
ひっくりがえして、のケーキ。
レモングラスとジンジャーのハーブティも、
ほっとするお味でした。

少しお話を伺うと、店主さんは、
9年間喫茶店を続けられているそうです。
個性的なお店のファンが、
遠い場所からも通ってくるお店。
自分の仕事の場所を持ち、
守り続けているって、
強いな~、と思いました。

そして、
わたしもファンになりそうだなあ。

その喫茶店の近くにあるスクーリング会場へ通うのも、
2019年1月と2月のあと3日になりました。





[PR]
by totoko110 | 2018-11-15 10:10 | おみせやさん

11月の横浜

1年ぶりの横浜。
日本大通りにある通信大学の大学院で、
食と子どもに関するセミナーを受講してきました。
e0112619_2212122.jpg
食と子ども。
問題が大きすぎて、どうしようもないことを
頭にかかえながら、赤レンガ倉庫の見える場所でひと休み。
この場所は、1年ごとに変わっている場所のような気がする。
変わらないものもある反面、
変わっていくものが目立つ。
変わっていくものに、
ついていくことができない自分。
時は、ずんずん流れて、行ってしまう。
待って待って~。
追いつけない、わたし。

[PR]
by totoko110 | 2018-11-03 22:01 | くらし