ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

カテゴリ:旅( 123 )

三国峠

e0112619_14511100.jpg

日曜日の午後出発で、新車ドライブへ行ってきました。
ダンナ、箱根の山道を、くねくね試し運転したかったようで。
残念ながら、富士山は、雲に隠れてほとんど見えずでしたが、
東京より1ヶ月ほど、先取りした気候に、ぶるっとしました。




e0112619_1451179.jpg


三国峠で、下り道を40キロで走ると、
タイヤと道路の摩擦音が、
「富士山」のメロディに聞こえる道があります。
(芦ノ湖スカイライン、メロディロード)
Uターンし引き返して、2回聞いてみました。
これを考えた人、すごい。
そして、なんで、みんな知ってるの?
テレビで見たって、わたし以外家族みんな、
その道路の存在を知ってた。

あ~たまをくも~のう~えにだぁし~。。。
[PR]
by totoko110 | 2011-10-10 01:45 |

善光寺(友人達との旅④)

長野は、東京より涼しいのでは?勘違い。。。
びっくりするほど、暑かった^^;
小布施から善光寺に到着したのは、14時。
酸素が薄い?と、思うほどの暑さでした。
それでも、大きな本堂の中は、ひんやり感じました。

インドから百済を経て、552年に日本へやってきたという、
ご本尊の一光三尊阿弥陀如来様は、
現存する日本最古の仏像なのだそうです。
その真下をお戒壇巡りして、
ご本尊につながる「極楽の錠前」に触れると、
仏様とご縁ができて、いつかの時に極楽へ導いてくださるそうです。
戒壇巡り。真っ暗闇の中を、手探りで進む。
光のありがたさや、耳の感覚を感じるのに、
いつもとは違う意識を使うから、何か意味があるのでしょうね。


e0112619_22383642.jpg

帰りの新幹線を15時にしていたので、
慌ただしく善光寺を観光しました。





タイトな時間の中、わたしのわがままを聞いてもらいました。
みんなをひきつれ、善光寺前にある「夏至」さんへ。
e0112619_22383614.jpg

時間がないので、ゆっくりできませんでしたが、
器や布ものが、静かに飾られていました。
麻のワンピース、
オントルポの靴下、
生成の色もいろいろでした。



「夏至」さんの前で、みんなと別れました。
また、2年後、会えるかな?


その後、
振り向きざまに長野駅行きのバスが来たので飛び乗り、
ばたばたばた。。。
関東方面から一緒に来た友人と、JRへ向かいました。
出発時間3分前にホームへ到着して、
新幹線の写メを撮って(!)、
発車時間ジャストに、間に合いました^^;





あっという間に大宮へ到着。
稲光がピカピカ、雷がごろごろ。
埼京線で、夕立を見ながら帰りました。
大学生の子達がたくさん乗ってきて、
すごく昔の自分たちも、こんなふうだったのかな~?
なんて、話してました。

ついこの前、みたいなんだけどなぁ。
気のせい、だなぁ。
友達の子どもたちが、もう、大学生だものね~。
[PR]
by totoko110 | 2011-08-10 22:38 |

小布施(友人達との旅③)

長野から渋温泉への道沿いに、
大きな銀色のカブトムシのオブジェが、目に入ります。
その周辺の町並みは、新しげな観光スポット。
どうやら、小布施の栗菓子ショップが集合しているようです。
大駐車場に車を入れて、町並み散策。
小布施の栗菓子屋さん、
食べ物屋さん、雑貨屋さん…
おいしそうな食べ物とかわいいものには、
いくつになっても、惹かれます^^
e0112619_222737.jpg

お昼は、「小布施堂」さんという栗菓子屋さんの奥のカフェへ。
栗菓子のお店なので、栗料理?と、思いきや、
イタリアンカフェなのでした。
栗のロールケーキというのも、気になったのですが、
前菜、メイン(パスタかピザかリゾット)、デザート、飲み物、
と、セットになっていたので、栗のロールケーキは、またいつか。。。
(選べる飲み物にリンゴジュースと小布施牛乳、おいしそうでした~♪)

前菜のひとつひとつに、お楽しみの味です。
こういう小さなおかず、すごく好き^^
e0112619_222721.jpg


「小布施堂」さんの店構え。
外も中も、とってもおしゃれでした。
栗あん入り酒まんじゅうを買ったら、
その包装紙と紙袋が、またまたステキでした。
栗の絵なんだけど、まるで、リバティみたいに繊細なのです。
e0112619_222742.jpg


ゆっくり、お買い物して、おしゃべりして、
ついついのんびりしてしまいました。

10年後も、きっと、こんなふうに、
時を忘れて、お喋りしてるんだろうな~、
と、思いながら、小布施をあとにしました。
[PR]
by totoko110 | 2011-08-10 22:02 |

志賀高原自然保護センター(友人達との旅②)

渋温泉に入る前、少し時間があったので、
志賀高原へドライブへ行くことにしました。
車の中から、山や池を観るだけ、のつもりが、
琵琶池(まだまだ高原の入り口)で、濃い霧。
駐車場に車を停めて、地図を確認すると、
すぐ上の蓮池近くに「志賀高原自然保護センター」があったので、
この辺りの散策について、聞いてみることにしました。

e0112619_048322.jpg

「わたし達でも1時間以内で散歩できるような場所、
 この辺りにありますか?」
「みなさん、そう言われるんですよね~。でも、
 志賀高原は、そんな軽装で入るところでは、ありませんよ。」
 はっ!!!
聞いた自分が、すごく浅はかだったことを、
反省して、ゴメンナサイ!、と、思いました。
自然を甘く見ている自分が、時々いるのです。
いけません。いけません。ごめんなさい。


でも、自然保護センターの方は、わかりやすく、
そんなわたし達が歩ける道を、教えてくださいました。
蓮池から琵琶池まで、アスファルトで舗装された道があって、
途中に「ひかりごけ」がみられること、
旧志賀高原ホテルが、無料の資料館として本館の一部が保存されており、
その建物は、昭和初期のステキな建築物であること…

お天気が良かったら、歩いていると、
池が青く緑の木々のすき間から、
美しく光っていたはずで、
「ひかりごけ」とも出会えたはずでした。
最初は、曇り。
途中で雨まで降ってきたので、
残念ながら、
青い池も「ひかりごけ」も観られませんでした。



近くのホテルで、某学習塾夏季合宿が行われており、
知ってる子も何人か、参加しているようでした。
青い池の周りの散策や「ひかりごけ」探し、
勉強よりもさせてあげたいなぁ。。。
軽装で行ったわたしが言うのも、なんですが^^;



蓮池から琵琶池は、くだりで、
琵琶池から蓮池は、のぼり。
ふうふう言いながら、蓮池まで戻りました。
冬にスキーで、何度か通っている道の脇に、
散策路がたくさんあって、1年を通して、楽しめる自然があることを、
帰ってからネットで調べて知りました。
トレッキングコースが、ずいぶんあるので、
ちゃんとした装備で、最低でも3時間ぐらいかけて、
いつか、ゆっくり歩いてみたいなぁ、と、思いました。
[PR]
by totoko110 | 2011-08-09 00:48 |

渋温泉(友人達との旅①)

8月6~7日、1泊2日、
長野新幹線に乗って、渋温泉へ行ってきました。
旅行のメンバーは、学生時代の友人達。
都合で2名欠席でしたが、
7人集まったところへわたしが参加できたのは、11年振り?
前回は、上の子をベビーカーに乗せて、
下の子は、おなかの中で、京都へ行ったっけ(若かった)^^;

今回も、学生時代から変わらないメンバーの空気は、
心地の良いものでした。


e0112619_9402164.jpg

大宮から新幹線で、長野へ到着したあとは、
名古屋からと富山からの2台の車に乗せてもらって、移動。

お昼は、おそばを食べて、
お久しぶりのお喋り大会。
ちょっと、騒がしかったかな?
お店の方が、そばがきで作ったおだんごを揚げて、
そば味噌をかけたものをサービスしてくださいました。
おいしかったです。



e0112619_9402167.jpg

泊まったお宿の夕飯です。
そうめんうりの酢の物が、しゃりしゃりして、
ああ、このぐらいのしゃりしゃり感を残すものなんだ~、
と、勉強になりました。
(作ってもらったものを食べたことがなかったので)

夕食は、ステキな浴衣を着て食べました。
一般的な温泉宿の浴衣ではなく、色の良いいろいろの浴衣を
柄も帯も選べて、着せていただけたのでした。
浴衣をちゃんと着るのも、ずいぶん久しぶりでした。
背筋が伸びるようで、気持ち良かったです。
みんな、ちゃんと自分に似合った色柄を選んでいて、
色には敏感な仲間達の今、を見たようで、おもしろかった~^^



その後は、夜の渋温泉をお散歩。
有名な「金具屋」さんは、「千と千尋の…」イメージです。

渋温泉は、9つのお湯めぐりが有名です。
近くに9番湯があったので、
そこに入って、満足しました。
お湯が熱くて、カラダに良いものがジンジン入ってくる感じでした。



e0112619_9402194.jpg

[PR]
by totoko110 | 2011-08-08 09:40 |

モノマチ

e0112619_0303188.jpg
染め物作家のabebeさんが、「モノづくり市」に参加すると聞き、
新御徒町に行ってきました(「モノづくり市」は、21日のみ)。
佐竹商店街アーケード内で、約50組の作家さん達が、
商店街の店先で「てづくり市」を開かれてました。
日本で2番目に古いという佐竹商店街。
アーケード内に放送がかかったり、
(その放送をしているお店が、歩いていてわかったりする^^)
ガラガラ抽選会の音が聞こえてきたり、イイカンジのアーケードです。


自転車でのぞき込む人、
その「市」目指してきた人、
いろいろな方々が、たくさんいらっしゃいました。

近くの「台東デザイナーズビレッジ」での施設公開(20~21日)や、
JR御徒町高架下にある2k540というモノづくり工房ショップ街、
などなど、abebeさんにお勧めされて、帰り道寄ってきました。
おお~(感動)。
と、思いました。
何かを作るということを、
違う方向から見てみることもおもしろいです。
勉強になった1日でした。
教えてくださったabebeさんに感謝です♪


後で、地図で確認してみました。
ディスカウントショップ「多慶屋」とか(←ランドセル購入店)、
秋葉原の「ジャパンハート」事務所とか、
もちろん「合羽橋」や「蔵前」にも近い場所でした。
おお~(そうだったのね)。
時間が、もっとあったら!!!
下の子の送迎があり、2時間急ぎ足で回りました♪
[PR]
by totoko110 | 2011-05-22 00:30 |

築地市場

e0112619_23424923.jpg
先日、築地本願寺の朝市を話題にしたところ、
友人が、築地の市場へ誘ってくれました。
ついて行って、あら、びっくり。
築地本願寺横の交差点を渡れば、
そこは、築地の場外市場でした。
路地がめぐっていて、お店がいっぱい。
ぽつりぽつり、調理用具の雑貨屋さんもあるけれど、
ほぼ全て、おいしい食べ物やさん。

10時に着いたら、ちょっと遅いぐらいでした。
それでも人気のお店には、人がいっぱい。
見るもの見るもの、欲しくなり、
軽いものなら…と、あれこれ買っていたら、
ずっしりぎっしりの荷物^^;

e0112619_23424994.jpg
以前、昆布の講座をうけたことのある吹田商店さんで、
利尻昆布や真昆布のお買い得品ををどっさり購入後、
オススメ食堂を尋ねると、
場内市場のほうは、どこに入ってもオイシイ、と言う話で、
大きな荷物を抱えて、場内へいってみました。





こちらは、立ち入り禁止区域のある、
トラックや車も行き交い、
テレビでは、マグロのせりを見たような記憶のある風景。

一般のお客が買い物できる一角、食堂は、どこへ入ってもおいしいそう。
長蛇の列ができているお店を避けて、
並ばなくても良い店で、マグロの中落ち丼をたべてきました。
ん~。800円でボリュームもあって、おいしかったですよ♪
[PR]
by totoko110 | 2011-02-26 23:42 |

池袋

夜中に大雨が降ったあと、すっきり晴れた金曜日、
池袋西口を、初めて歩きました。

消しゴムはんこ作家のbonhanco先生に、
小関セキさんという画家さんの作品を企画展示されているギャラリーへ、
連れて行っていただいたのです。

今まで池袋に寄ったことが、そう何度もなく、
知らない土地であったり、
大通りから、すぅっと裏通りに入ると、
お豆腐屋さんや、静かな街があったり、
まるで、小さな旅です。

目的のマルプギャラリーは、おうちのようで、
初めて観る小関セキさんの絵は、繊細でステキでした。
その場所へ行くことができたご縁に、感謝していました。
(マルプギャラリー・小関セキ展 しんしん ・2011年2月1~28日)e0112619_22125873.jpg



お昼は、「手創り市」で焼き菓子などを販売されている
CAFE TERVE!」さんでランチ。
青い屋根が、目印です。
アツアツの手作りパンが、とってもおいしかった。

すっかりくつろいでしまいました。
[PR]
by totoko110 | 2011-02-19 22:12 |

沖縄旅行のはなし⑥ジャッキー

e0112619_2248995.jpg
沖縄に着いた日、那覇市内のホテルからタクシーに乗り、
有名店「ジャッキーステーキハウス」へ行きました。
地元の方々と観光客で、店内はごった返してました。
30分以上待ち…ラーメン屋さんのよう^^;
地元の方々に人気というだけあって、安くておいしい!
店内は、食堂という名前がぴったりの昭和なレトロさ。
芸能人のサインも壁いっぱいです。




肉をいっぱい、は、食べられないわたしも、
下の子と半分こ(注:わたし、ビーガンでもベジでもありません…)。
おなかがすいてない、という下の子も、がつがつ食べてました。
やわらかくて、おいしいのです。
そして、安い。



ダンナは、大きいサイズにしておけば良かった、と後悔。
食べ足りないと、お持ち帰りで、ハンバーガーを2つ頼むことにしました。
円高還元、とのことで、400円が350円(だったかな?)。
これがまた、大きいのでした(普通のハンバーガーの1.5~2倍?)。
こんなにいっぱい、食べられるの??
帰って包みを開いて思ったけれど、
生の厚切り玉ねぎのパンチが効いて、
挟んであるハンバーグがおいしくて、
4人で、ぺろりと食べてしまいました。




その帰り道のこと、再びタクシーに乗ったところ、
後ろのドアが突然閉まらなくなってしまいました。
どうやら、故障のよう。
タクシーの運転手さんが、
「壊れているね。
 タクシーひろうね。」
と、降りて、違うタクシーを止めてくれました。
申し訳なさそうに謝る運転手さん。
なんだか、こちらこそ、タクシーをひろってもらって、
申し訳なく思いました。


沖縄の人同士だったら、後ろのドアを押さえてあげて、
営業所まで行ってあげるのかなぁ。
あの運転手さん、どうやって帰ったのかなぁ。
みんなで、とっても心配になってしまいました。

大丈夫だったのかなぁ。。。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-20 22:48 |

沖縄旅行のはなし⑤大晦日と元旦

e0112619_22353875.jpg
大晦日は、ゆっくりホテルで温泉に入ったり、
夕食を食べたのに、すぐ、年越し蕎麦をいただいたり、
(沖縄の年越し蕎麦は、沖縄そばです^^)
カウントダウンの花火を見ながら、振る舞いシャンパンを飲んだり…
旅行先のホテルでのおもてなしは、海外でも、日本でも、
年末年始が、1年のうち1番じゃないかと思います。

家にいると、わたしが、ぎりぎりまで掃除をしたり、
おせちを作ろうと頑張っていたり、
いつも、かなり忙しイライラモードになっているので、
どうやら、連れ出されているようです。。。

元旦は、おもちつきや、やっぱり振る舞い酒や、
獅子舞などなどのサービス。
宿泊したホテルのスタッフの方々も、あれやこれや、
お楽しみイベントを企画してくださってます。

朝食のお屠蘇も飲んで、マスでいただく日本酒も飲んで、
おいしいお酒は、ちびちびと、今年も楽しみます。

1日は、ちゅらうみ水族館をのんびり見て、
夕方の便で帰りました。
3日間、天気が悪く、寒くて、
重ね着して過ごしていました。
太陽が出なかったので、写真もあまり撮れませんでした。

大晦日、元旦から働いていらっしゃるサービス業のみなさま、
今年もお疲れ様でした。
今頃、遅めのお休みはとれていますでしょうか?
お世話になり、ありがとうございました。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-17 22:35 |