ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

カテゴリ:旅( 139 )

「農カフェ hakari」さんへ

今日は、日帰り旅で山梨県へ行ってきました。
e0112619_18584355.jpg
桃を2年前からお取り寄せしています。
そのHPで知った「農カフェ hakari」さん。
その名前での営業が今月20日で終了と知り、
先週思い立って、行くことにしました。

JR山梨市駅から歩いて1時間。
歩こうと思って予約したところ、
レンタサイクルもある
との情報をお店の方から伺いました。

お天気は、雲一つない晴天。
京王線とJRを乗り継いで片道2時間。
駅から自転車で30分。
思ったより近く、
程よい日帰り旅でした。

カフェの入り口がわからなくて、
声をかけた方とお隣になって、
共通話題でお喋りも弾みました。
その方に、近くの道の駅まで車で乗せて行っていただいたり、
ステキな1日になりました。

桃園に囲まれたそのお店は、
来年、リニューアルオープンするそうなので、
桃の花の季節にまた伺いたいな。


何かしたいと思っているばかりでは、
何も始まらないな、と思います。
今年は、そんなことばかり。
行く。
やってみる。
行動する。
今が全て。

[PR]
by totoko110 | 2018-12-15 18:58 |

金沢の21世紀美術館

2週間前、学生時代の友人達と、金沢に行ってきました。
行きたいな~と思っていた21世紀美術館、
混んでいたのでささ~っと見てきました。
e0112619_17582457.jpg
紅葉もきれいだったし、おいしいものも食べてきました。
あれから…
2週間が経ってしまったなんて!
旅行のことより、そのことの方が驚きです。
わたしは、何をして日々を過ごしているのだろう?
目の前のことが、いっぱい過ぎて、
全力で仕事して、1日が終わる。
一つ一つの仕事は、
きっと後から考えたら、
実になっていくことなんだと思う。
とても、貴重な仕事をさせてもらえてる。
そのことには、感謝感謝。

昨日と今日は、ちょっと休憩しました。
通信大学のレポートのために本も開きました。

時間に流されないようにしよう。
時々、足元を確かめて、
やりたいことは、やっていこう。
あっという間に、おばあちゃんになっちゃうからなあ。


[PR]
by totoko110 | 2018-12-09 17:58 |

「糸のみほとけ」展

今回の旅の最後は、奈良国立博物館「糸のみほとけ」展でした。
e0112619_1131582.jpg
糸で終わるとは、意外でしたが、
そこに向かった自分がいました。

中宮寺の天寿国繍帳、修復された実物、
見てきました。
たくさんの糸や布の手仕事が、
時を経て残っているのもすごいです。
人の生きた証が、残されているんですよね。

春日大社は、神様カードで寄るべし場所だったから(笑)、
急いで登って、お参り。
おみくじもひいた。
中吉でした。
<困難が待ち受けるが、全ては心>
そうかもしれない。
全ては、気持ち次第です。

旅行記をFacebookとブログに急いでアップしたのには、
理由があります。
そうなんです。
明日から、新しい仕事の準備に入ります。
こもってパソコンに向かう日々。
ふう。

2018夏旅。
旅行記おしまいです。



[PR]
by totoko110 | 2018-08-06 01:13 |

法隆寺

近鉄で、西ノ京から筒井へ。バスで法隆寺へ向かう。
残念ながら、門が工事中。法隆寺に来た気がしなかった。
e0112619_052932.jpg
以前来たのは、母と二人旅。この近くの民宿に泊まった。
その時は、法隆寺が、もっと大きく感じられたんだけどな。
門が工事中だと、雰囲気が違う。
仁王さんにも会えなかった。

実際には、法隆寺は、宝物館や夢殿まであり、奥深く、
入場料だって他より高い1500円。
確かに広くて、今回も見るのに時間がかかった。
夢殿の後、中宮時まで行って、駆け足でも約2時間。
すごく暑かったから、立ち止まることができない。
ゆっくりしてられない感じだった。

さて、中宮寺で、
天寿国繍帳の本物(修復されたもの)が、
国立博物館で展示中だと聞いて、
見よう!と思い立つ。

こういう「ピン」とくる感じは、
逃すと後悔するから、急ぐのだ(笑)
近鉄筒井駅まで出るバスは、1時間に1本だから!
ぴゅーっと、走ってバス停へ向かい、
奈良国立博物館へ駆け込む。




[PR]
by totoko110 | 2018-08-06 00:52 |

薬師寺

薬師寺は、ピカピカになってた。
薬師寺関連の本やテレビには、たくさん出会ったけど、
今のイメージじゃない。
残念ながら、東塔は工事中。
ピカピカの東塔が、そのうちできるんだな。
e0112619_0435273.jpg
「好胤のことば」
高田好胤・学生社

「木のいのち木のこころ 天・地・人」
西岡常一/小川三夫/塩野米松・新潮文庫

「棟梁」
小川三夫/聞き書き塩野米松・文春文庫

[PR]
by totoko110 | 2018-08-06 00:43 |

唐招提寺

8月4日(土)奈良、西ノ京。
唐招提寺に行くため、京都に2泊することにした。
e0112619_0255344.jpg
小5の春、母に連れてきてもらったお寺。
ここで、京都か奈良の大学に来たい、と、母に言った記憶。
小学生の言葉なんて、大人は信じていないから、
高2の時に、その話をしたら、
「冗談でしょ?」
と、言われた。
結局、母はわがままを聞いてくれて、
30年務めた教師を50代で早期退職し、
退職金で京都に4年間行かせてくれた。
子どもは、わがままなものだと思う。

唐招提寺がどんなお寺なのか知らないで、
小5のわたしは、あの柱に感動していた。

今あることに感謝して、
唐招提寺をお参りしてきました。

[PR]
by totoko110 | 2018-08-06 00:25 |

カフェ工船へ

今回、2日連続「カフェ工船」へ行った。
e0112619_23582494.jpg
1日目は、学生時代の友人と行ってアイスコーヒーを飲み、
2日目は、一人で行って、ホットコーヒーを飲んだ。
夏は、アイスコーヒーがいいな。
氷で、調整できるし。

オオヤさんのコーヒーは、
自分でいれる時は、ホットなら
もう少しうすめにいれるか、
お湯でうすめる。
お店のは、少し濃いかったかも。

急須で出す理由を聞くと、
冷めにくいのと、
チビチビ飲んだ方が、
たくさん飲んだ気がする、
そうです?
さすが、オオヤコーヒー。
東京のお店は、
「St・ペテン商会」だったもんね。
京都に来たら、
また来ようっと。



[PR]
by totoko110 | 2018-08-05 23:58 |

京都へ戻る

京都に2泊してタルマーリーさんへ行ったので、
イベント当日の夕方、京都へ戻る。
e0112619_23442670.jpg
もう少しゆっくりして、あれもこれも食べてみたかったけど、
それは次回のお楽しみ、ということにする。
自家製ソーセージやスゥイーツも、
メニューにあったはず。
でも、その日はビールを4杯半も飲んで、
心が一杯になっていた。
帰りの特急の指定席は、
智頭町駅でとってもらったのだけど、
「もう5席しかないし、全て通路側」
と、言われたのに、
実際乗ってみると、
空席があった。
旅行社が買い占めているとか、
何かありそう。
自由席だって、座れたみたいだった。
ネットで簡単に切符が買えたり、
空席状況が分かるようになったけど、
お盆や正月や土日でない限り、
あまり心配することはないのかな?
と、思ったりした。

いろんなところで、
いろいろ思う旅になった。



[PR]
by totoko110 | 2018-08-05 23:44 |

タルマーリー到着

8月3日(金)、タルマーリーに到着です。
京都から特急で2時間半でした。
e0112619_1795466.jpg
まず、「おいしくない」らしい、一番最初に出された
酸っぱい香りのするビールをいただきました。
思ったより酸っぱくなくて、あっさりいただきました。
わたしは、「おいしくないと思わない」です。
「こんなビール、初めて」です。
実験的に日本酒の作り方で作ったビールだとか。
生酛(きもと)づくりです。
チャレンジャーで、研究者の発想ですよね。


タルマーリーさんのビールには、独特の香りがある。
前回、東京のイタリアンレストランで飲んだ時の香り。
今回も、1杯目2杯目と、その香り。
そして、飲んでも頭が痛くならない。
悪酔いしない。

いつものように、格さんは、講義に入ります。
池袋のカルチャーセンターや世田谷パンまつりなどで聞いた話、
プラス、
今日は、ビールの話です。
この1年、パンでなく、
パンに必要なビールの酵母を作る、
ついでにビールもこだわる。
今は、ビールを作ることにした格さん。

パンは、スタッフさん達にまかせているそう。
次々変化するタルマーリーさん、
聞いてみて、味わうことができる今が、
貴重な時間。

タルマーリーさんに旅できたこと、良かったな。
智頭町の滞在時間、3時間だったけど、
充実した時間だったな。

また行きたいな。
また行こうかな。
今度はゆっくりしてこよう。



[PR]
by totoko110 | 2018-08-05 17:09 |

京都駅前

バイトをしていたビルが、全く違う顔で建っていた。
あの場所、今、コンビニ?
e0112619_16333819.jpg
小学校の時に、京都の市電に乗ったことがあったと思う。
今では、広い道になっている駅前通り。

3回生の時、バイトをしていた三角形のビルは、
大学入学時(昭和59年)
木造の古いホテルがあって、
母と宿泊した思い出がある。

駅が、大きく変わってしまった京都駅。
改札を入ってすぐの、ホームから階段のあたりは、
昔のレイアウトが変わっていない。

たくさんの学生、観光客、もちろん市民のみなさんの
それぞれの思い出がある場所でしょう。



[PR]
by totoko110 | 2018-08-05 16:33 |