ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

「半分、青い。」

e0112619_8414242.jpg
「半分、青い。」
2018年4月に始まったNHKの朝ドラ。
はまりすぎです。。
脚本の北川悦吏子さんが、岐阜県出身で、
東濃弁(とうのうべん)をNHKで放送してくれたのが、驚き。
わたしも、東濃弁がずっと抜けなくて、
「変な言葉」と言われてた。
だから、方言が出ないようにがんばってた。
でも、方言は気付かず使ってしまうのだけど(笑)


スズメ 「まーかんかもしれん。」
仙吉じいちゃん「人間は、強いぞ…どーにでもなる。」
スズメ 「ほーか、知らなんだ。」
仙吉じいちゃん「教えたった。」

「まーかん。」
って、
わたしも、よく転んでる。
転んだ回数は、
かなり多いと思う。

うまくいかない時こそ、
何かが変わる時だということを
人生半分過ぎると、
気付いてきたような気がする。

でもやっぱり、
「まーかんかもしれん。」
「何もうかばん。」
時は、すごーくつらいけど。。。
まさに今も。

[PR]
# by totoko110 | 2018-07-03 08:41 | くらし

ちひろ美術館・東京

e0112619_17284839.jpg

今年は、画家のいわさきちひろさん生誕100年です。
東京と安曇野にあるちひろ美術館で、
記念イベント「Life展」が、開催されています。
そのパスポートチケットをいただいたので、
25年ぶりに練馬のいわさきちひろ美術館へ行ってきました。
昔と少し雰囲気が変わったような気がしましたが、
とても懐かしい場所でした。

中学・高校時代、いわさきちひろさんのカレンダーを
部屋にずっと飾っていました。
今日、原画を何点か観ていたら、
当時の自分に会えたような気分でした。
わたしが、好きだったいくつかのちひろさんの絵は、
40代後半から亡くなる直前に描かれたものでした。
記憶の中の絵と再会です。

55歳で肝臓がんで亡くなったちひろさん。
短い人生でたくさんのすてきな絵を残されています。

昨年出版された息子さんのちひろさんの伝記本を読むと、
おだやかな絵とは全く想像のできない人生を感じます。
「いわさきひひろ こどもへの愛に生きて 松本猛/著 講談社」

年内使えるパスポートがあるので、
また行きます。



[PR]
# by totoko110 | 2018-05-22 17:28 | ひとびと

母の日

e0112619_958930.jpg

下の子が、母の日だから、と、ケーキを買ってきてくれました。
買った本人は、太るから食べないそうです。
長女は、高校生になり1年ぐらいは、
柱まで食べてしまう?と思うぐらいの食欲で、
心配していた通り、順調に体重が増え、
はっとしたみたいです。
最近は、歩いたり我慢したり、
食欲と戦ってます。

長男にはなかったことで、
女子は、この時期に脂肪をたくわえる本能があるんだな、
と、思いました。

長男が、一人暮らしを始めたので、
毎日の家事も少し減りました。
来年は、家がもっとひっそりするんだろうな。
いよいよ、自分自身の老後について
真剣に考えないといけないです!!


[PR]
# by totoko110 | 2018-05-15 09:58 | 子ども

スピンドルでつむぐ

e0112619_18375356.jpg

気持ちの良い初夏の連休。

久しぶりにスピンドルを出してみました。
スピンドル、原始的な糸をつむぐ道具。
世界中で今も使われています。
数年前に吉祥寺の「アナンダ」さんで習いました。
毛糸玉みたいになっているのは、
数年前に紡いだ羊毛です。
まだ単子なので、双子にして何か編もうかな。

久しぶりすぎて、忘れてしまったので、
本を見ながら思い出しながら、
数時間やってみました。


目や頭を使って本を読んだり、
パソコンでレポートを書いたりする日々が続いていたので、
違うことをやってみると、
すーっと心が落ち着きました。
手を動かしていると、夢中になって瞑想状態になります。
何も考えないで手を動かすことが、
大好きみたいです。

手を動かして作る作業を、
もっと日常生活に取り入れていこう。
心が喜ぶことをしていこう。

[PR]
# by totoko110 | 2018-05-04 18:37 | つくる

地元の酒蔵

e0112619_21571273.jpg

昨日まで実家に帰っていました。
母を連れて、母方の祖父母の墓参りをし、
昼食を食べて車を走らせていると、
古い橋の向こうに酒蔵がありました。
4月に始まった朝の連ドラの舞台に近い場所。
祖父がこの地の出身で、墓参りには来るけれど、
町のことは知らなかったので、
酒蔵があるなんて知りませんでした。
酒粕が購入できるようなので、
車を降り、中に入ろうとすると、
とうとうと流れる水の音がしました。
水が豊かでおいしい場所だから、
酒蔵があるんだ。
聞くと近くの屏風山からの水でお酒を造っているとのこと。
何年も墓参りに来ているのに、
知らなかった初めての場所。
春の河原の色が、美しい景色でした。

[PR]
# by totoko110 | 2018-04-06 21:57 |