ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

桃のデザート

1月から通い始めた通信大学のスクーリング。
明日で、前半終了です。
e0112619_19454439.jpg
家庭科の講師を初めて3年目。
支援教育に関心を持ち、始めた通信大学。
心理学やカウンセリングなどの授業では、
自分という生き物が、明らかになっていきます。

たくさんのレポートは、7月の帰省旅行までに全て提出したので、
今日・明日のスクーリングさえ終われば、なんとか!
と、思っていました。
しか~し。
現実は、厳しかった。
今日は1日で、くったくた。
思ったより、ハードな1日でした。

知能テストを体験したのです。
わたし、
記憶力が、かなりマイナスでした。
小さい頃から、静かな場所でないと、
集中できないな~、とは、思っていたのですが…
今まで、よくここまで自分の苦手なことに
気付かないふり?をしていたな~。。。
反復練習したことは、定着するんですが、
瞬発力を要する学習は、能力ないです。
だから体育、苦手だったんだ。。。
だから、すんなり暗記できないんだ。

わたしは、感覚と努力で生きている。
リピートアゲイン、無理です。


ホントに疲れたので、
帰りに気になっていたカフェへ寄りました。

「桃のデザート」
ピンクとグレーの配色。
ビジュアルも美しいですが、
甘さを控えたブランマンジェとゼリー、
アクセントにルバーブとしょうがのジャム、
次から次へのお楽しみデザートでした。

癒されました。

明日も1日、
がんばろう。




[PR]
# by totoko110 | 2018-08-11 19:45 | おみせやさん

「糸のみほとけ」展

今回の旅の最後は、奈良国立博物館「糸のみほとけ」展でした。
e0112619_1131582.jpg
糸で終わるとは、意外でしたが、
そこに向かった自分がいました。

中宮寺の天寿国繍帳、修復された実物、
見てきました。
たくさんの糸や布の手仕事が、
時を経て残っているのもすごいです。
人の生きた証が、残されているんですよね。

春日大社は、神様カードで寄るべし場所だったから(笑)、
急いで登って、お参り。
おみくじもひいた。
中吉でした。
<困難が待ち受けるが、全ては心>
そうかもしれない。
全ては、気持ち次第です。

旅行記をFacebookとブログに急いでアップしたのには、
理由があります。
そうなんです。
明日から、新しい仕事の準備に入ります。
こもってパソコンに向かう日々。
ふう。

2018夏旅。
旅行記おしまいです。



[PR]
# by totoko110 | 2018-08-06 01:13 |

法隆寺

近鉄で、西ノ京から筒井へ。バスで法隆寺へ向かう。
残念ながら、門が工事中。法隆寺に来た気がしなかった。
e0112619_052932.jpg
以前来たのは、母と二人旅。この近くの民宿に泊まった。
その時は、法隆寺が、もっと大きく感じられたんだけどな。
門が工事中だと、雰囲気が違う。
仁王さんにも会えなかった。

実際には、法隆寺は、宝物館や夢殿まであり、奥深く、
入場料だって他より高い1500円。
確かに広くて、今回も見るのに時間がかかった。
夢殿の後、中宮時まで行って、駆け足でも約2時間。
すごく暑かったから、立ち止まることができない。
ゆっくりしてられない感じだった。

さて、中宮寺で、
天寿国繍帳の本物(修復されたもの)が、
国立博物館で展示中だと聞いて、
見よう!と思い立つ。

こういう「ピン」とくる感じは、
逃すと後悔するから、急ぐのだ(笑)
近鉄筒井駅まで出るバスは、1時間に1本だから!
ぴゅーっと、走ってバス停へ向かい、
奈良国立博物館へ駆け込む。




[PR]
# by totoko110 | 2018-08-06 00:52 |

薬師寺

薬師寺は、ピカピカになってた。
薬師寺関連の本やテレビには、たくさん出会ったけど、
今のイメージじゃない。
残念ながら、東塔は工事中。
ピカピカの東塔が、そのうちできるんだな。
e0112619_0435273.jpg
「好胤のことば」
高田好胤・学生社

「木のいのち木のこころ 天・地・人」
西岡常一/小川三夫/塩野米松・新潮文庫

「棟梁」
小川三夫/聞き書き塩野米松・文春文庫

[PR]
# by totoko110 | 2018-08-06 00:43 |

唐招提寺

8月4日(土)奈良、西ノ京。
唐招提寺に行くため、京都に2泊することにした。
e0112619_0255344.jpg
小5の春、母に連れてきてもらったお寺。
ここで、京都か奈良の大学に来たい、と、母に言った記憶。
小学生の言葉なんて、大人は信じていないから、
高2の時に、その話をしたら、
「冗談でしょ?」
と、言われた。
結局、母はわがままを聞いてくれて、
30年務めた教師を50代で早期退職し、
退職金で京都に4年間行かせてくれた。
子どもは、わがままなものだと思う。

唐招提寺がどんなお寺なのか知らないで、
小5のわたしは、あの柱に感動していた。

今あることに感謝して、
唐招提寺をお参りしてきました。

[PR]
# by totoko110 | 2018-08-06 00:25 |