ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

長谷川商店の新豆

e0112619_9532915.jpg

2017年、様々な出会いがありました。
その中でも、北海道の長谷川商店さんのお豆のすばらしさが、
わたしの中の腑に落ちた1年でした。

長谷川商店さんのことを知ったのは、
もう10年も前の話でした。
横浜あざみ野で料理教室をされている
べにやビス長谷川清美さんの存在もその頃に知りました。
その時は、在来種の豆、とか、日本の豆、とか
知識として知っていただけで、
う~ん、お豆は食べてもカラダに合わないな~、
と、少し遠くにいました。

そんなわたしが1年前、図書館の新刊コーナーで、
「日本の豆ハンドブック」に出会いました。
図書の分類が6類(農産物など)の書架に入ってしまうことや
親書サイズで厚みが薄い本なので、
新刊コーナーで面出し(表紙を出し飾る)してなかったら、
出会わなかったかもしれません。
何気なく借りて読んで、驚きました。
長谷川清美さんの熱い思いが、0ページから伝わってきました。

日本の在来種の豆は、
「老齢」農家で種が繋がれる「国宝級」なのに、
後を継ぐ人がいなくて、「消滅の一途」
とのこと。
長谷川さんが、お年寄りの話を聞きながら、
本をまとめていること。
「育ての親の数だけ在来豆がある」とのこと。
(文一統合出版 日本の豆ハンドブック 長谷川清美・著より)
これって、すごいじゃないですか?

「豆ランチ」をやっていた長谷川さんの料理教室にお邪魔したのは、春。
それから数カ月、基礎講座などを受け、
在来種のお豆について知り、
育て方で味が全く違うし、胸やけもしないことに気付き、
お豆のオーナー(1口5000円で3キロのお豆配分あり)にもなってみました。

豆は、植物性たんぱく質が多い大豆、
炭水化物の多いささげやいんげん豆やえんどう豆など
色々な種類があります。
たんぱく質の多い消化困難な大豆は、
味噌や納豆など加工されている食品が多いです。

長谷川商店さんの2017年新豆は、
希少品種が豊作だったそうです。
真珠豆、パンダ豆、栗いんげん、緑貝豆、茶豆、さくら豆、
なかなか市場には出回らない珍しい豆を購入してみました。
豆のオーナーの3キロは、
スープに入れるとおいしい<てぼ>にしました。
<てぼ>は、白あんの原料です。

経験豊富なお年寄りの作られた豆は、
味が違います。
長谷川商店のお豆のおいしい理由です。
若い人に伝えられないまま、
なくなってしまうものが、
今、本当に多いんだ、
と、感じます。

おいしい豆のことを、
もっとみんなに知ってもらえたらな、
と、思います。



[PR]
# by totoko110 | 2017-12-17 09:53 | 食べ物・料理 | Comments(0)

11月になりました

e0112619_2217486.jpg

運慶展に行ってきました。
上野の国立博物館。
もしかしたら、初めて入ったのかもしれません。
いくつもの建物の中で、
それぞれ別の展示があります。
運慶展は、奥の方の平成館。
その建物にたどり着く途中に
「ユリノキ」という大木があり、
ベンチに白髪の外国人のご夫婦が座っておられました。
紅葉と、西に沈んでいく太陽と、ご夫婦。
とっても素敵な瞬間でした。

その時間から2時間。
運慶展をたっぷり鑑賞しました。
運慶展、11月26日までです。

[PR]
# by totoko110 | 2017-11-03 22:17 | くらし | Comments(2)

甘酒と栗入りパウンドケーキ

e0112619_17443833.jpg

冷蔵庫で作った甘酒に豆乳をまぜ、シナモンをふってみました。

ココアケーキは、今年実家から届いた栗を混ぜて焼きました。

送られてきた栗は、毎年全て栗ご飯にしていますが、
今年は、時間の関係で、
3回分の栗ご飯と
ゆで栗にしました。

ゆで栗をスプーンでほじほじじて、
パウンドケーキの材料に入れ、
栗ケーキ?を2本焼きました。
栗の味は、主張されませんでしたが、
余らせてしまうより、良かったです。

やっぱり栗は、栗ご飯が一番好きかな。



イベントが多かった先週、
カラダも疲れているようです。
今日は、このほかにも、
冷凍庫から小豆とアプリコットを出してあんこにしました。
冷蔵庫から梅の甘酢漬けも登場です。

大きな台風が2つも通過しました。
気圧の身体への影響は、人それぞれです。
カラダが不安定な時、
自然に欲しがる食べ物が、
自分を助けてくれるのかもしれません。


(季節外れのかぼちゃは、
10月中旬まで花を次々に咲かせていました。
1週間前の大きな台風が通り過ぎた後、
土に帰っていきました。)



[PR]
# by totoko110 | 2017-10-30 17:44 | 食べ物・料理 | Comments(0)

やはり、かぼちゃ。

e0112619_1853435.jpg

8月に芽がでていた植物は、
たぶん、かぼちゃだと思いましたが、
やはり、かぼちゃでした。
昨日、花が咲いていました。
実は成らないでしょうが、
枯れるまで観察してみます。

10月に入り、色々なことが起こり、
過ぎ去ります。

用事があって、数日前、
吉祥寺や自由が丘などに
行ってきました。
10年前だったら、
「ついでにあの店に寄って、あれ食べて…」
とか思っていたような?
でも、直行直帰(笑)
欲がなくなっています。
価値観が変わってきているのかもしれません。

というのか、
人生は、
昔だったら50年だったそうです。
今、
余生に入ったんだろうか。
余生というより
「与生」。
これは、先日亡くなられた
日野原先生のご本からの考えです。

何をして生きていくのか、
大切です。
なかなか難しいことがらです。

数十年ぐらいの間しか、
一人の人生のうちで
<しっかり>活動できないんじゃないかな、
って思う。
研修(修行)時代は、なしとして。
きっと長い人もいたら、
短い人もいるけれど、
自分は、あと5年?10年?20年?
活動するのかな。
何をするのだろう。
何をしたら良いのだろう?

迷っている時間は、ないから、
違うと感じたら違う道だし、
あ、これ、
と思ったら、
大丈夫なんだろうな。

季節外れのかぼちゃでも
枯れるまで観察されているんだしな。
今朝は、だんごむしの子ども達が、
かぼちゃの葉の上で、
群がっていた。
小さな虫でもいたのか?
何か食べるものがあったのか?


[PR]
# by totoko110 | 2017-10-02 18:05 | くらし | Comments(0)

紫の夕暮れ

e0112619_183752100.jpg

たそがれどきのベランダで一枚。
画像編集してませんよ。
本物は、もっと紫でした!

インスタグラムでは、
画像編集して、楽しむそうです。
FacebookやTwitterでは、ウソはダメだそうです。

写真が、簡単に手直しできるようになり、
自分のアピールがどんどんできるようになり、
日記や作品発表の場所として始めたブログも、
よくわからない立ち位置になってきました。

ブログは、日常生活の日記として、
Facebookは、仕事の一端として、
時々アップしていますが、
最近、
これなんだろう?
と、思ってしまう自分がいます。

もうそろそろ、
Facebookもブログも、
いらないのかな?
10年続けたからね~。


[PR]
# by totoko110 | 2017-09-17 18:37 | くらし | Comments(0)