ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「abebe」さんの個展

「手創り市」で知り合った染色作家の「abebe」さん、
2012年12月15~21日、
阿佐ヶ谷のCONTEXT-Sというギャラリーにて、
初個展をされました。

「abebe」さんの作品とギャラリーの雰囲気がばっちりで、
空間の大切さを感じました。
ステキな個展でした。

e0112619_1232231.jpg



いつもコツコツ頑張って作っている「abebe」さん。
制作活動の姿勢に学ぶことがたくさんあります。
初個展に結びつくご縁は、活動の流れなのでしょう。


はっ。
我に返り、
制作活動が、止まっております。。。
ああ反省。
相変わらず、バタバタしてますが、
2013年は、余計なことをしないで、
腰を据えて、集中して、物事をやっていかないと!
[PR]
by totoko110 | 2012-12-28 12:32 | ひとびと | Comments(2)

夕暮れの海

e0112619_15513098.jpg

海の風景も好きだけど、波の音ってすごく良いですね。

今、冬の海見ながら、ぼぉっとしています。
このところずっとバタバタしてたから、癒されます。

ふぅ。

「パン先生」のテストでした。
[PR]
by totoko110 | 2012-12-24 00:58 | Comments(2)

「棚からうさもち」さんの個展

学生時代からの友人「棚からうさもち」さんの初個展が、
京都寺町のギャラリーヒルゲートさん2階で、
2012年12月11日~16日、開催されました。

行きたいけど行けないなぁ…
と、思っていたのですが、
ちょうど1週間前に予定が空いて、
先週末(15、16日)行ってきました。

地下鉄の京都市役所前から数分で到着するギャラリーさんは、
大好きな寺町通りにあって、
小さなお庭のある、ステキな場所でした。
e0112619_11345546.jpg

「棚からうさもち」さんの作る羊毛うさぎさんが、
寺町から見える2階の窓から、外をじっと見ていました。
(写真では、見えないので、是非「棚からうさもち」さんブログで、
 作品をご覧になってくださいね♪)
e0112619_11345556.jpg

たくさんの人の心を癒す作品を制作し続け、
発表することができる場所に出会い、
今までの活動が、全てカタチになって、
初個展、大盛況でした。
本当におめでとうございます。
これからの活動が、ますます楽しみです。





短い滞在でしたが、
友人の個展を見ることができた上に、
偶然懐かしい友人達にも会うことができました。
そして、おまけの小旅行も楽しんできました。
後ほど、まとめてアップいたします。
[PR]
by totoko110 | 2012-12-22 11:34 | ひとびと | Comments(2)

こんにゃく作り

生協の注文書で、
「手作りこんにやく」というところに印をつけたら、
「手作りこんにゃくキット(?)」
が、届いてしまいました。
え~~~っ?
と、思いながらもチャレンジしてみました。。。

届いたこんにゃく芋、ソフトボールぐらいの大きさ2個。
ビニール手袋をはめ(かぶれるので)、まず、皮をむきました。
e0112619_2224501.jpg

手袋をしたまま、おろし器でおろします。
(ミキサーでも良いそうです。)
おろすと白い芋は、ほんのりピンク色に変色します。
鍋に分量の水を入れて、おろした芋を入れていきます。
e0112619_22245026.jpg

火にかけて、木べらで混ぜます。
沸騰すると、粘りが出てきてけっこう力がいります。
粘りが出てきたところで、凝固剤投入。
ここからは、すばやくへらをまわします。
凝固剤は、70度の湯にあらかじめ溶かしておきます。
e0112619_2224506.jpg

バットや鍋に流し入れ、30分おいて固まったら切り分け、
20~30分ゆでてアクを取り、
1時間水にさらします。
e0112619_22245088.jpg

出来上がったこんにゃくは、
先日習った煮しめの味付けをしました。
e0112619_22245023.jpg

手袋をしていたにもかかわらず、
皮の後片づけや、洗い物などで、皮膚がかぶれてしまいました。
かゆいを通り越して、痛かった。。。
自分の体調が悪かったりすると、
こういうアクの強いものにカラダは、良く反応するらしく、
「デトックスになって良かったじゃない!」
「間違えて注文したんじゃなくて、
 必然だったんだよ。」
と、職場のスタッフに言われました。
たしかに「こんにゃくシップ」って、
すご~く効くらしいです。
こんにゃくそのものに、力があるんでしょうね~。
でもまず、こんにゃくを食べられるように考えた人って、すごいなぁ~。
「食品になる前のものは、決して口に入れないでください!」
要注意事項として作り方の紙に書いてあります。
皮膚に着いただけで痛いのに、食べたら大変だ…
考えた人は、食べたんだろうな~。。。


できあがったこんにやくは、
お味は、もう、すばらしくおいしかったです^^;
[PR]
by totoko110 | 2012-12-09 22:24 | 食べ物・料理 | Comments(4)

白崎茶会「おせち(お煮しめ)」の会

先日、白崎茶会「おせち(お煮しめ)」の会へ行ってきました。

おいしくて、美しいお煮しめは、筑前煮じゃないんです。
ひとつひとつの材料を別々に煮て、盛り合わせる。
そうそう、日本(懐石)料理です。
ただし、白崎茶会では、かつお出汁を使ってません。
こぶやしいたけ出汁だけで、おいしくできるのが驚きです。
e0112619_931852.jpg

並べたひとつひとつ、盛り合わせた全体、
どれもこれも、おせち料理のわくわく感があります。
南天は、お煮しめの上にのせます。

ある本によると、南天には解毒作用があって、
長く置いてある食べ物を食べて、腹痛になった場合、
葉を噛むと、体内の毒を外に出すようです。
食品の上に置くことによって、防腐効果にもなるそうです。
そういえば、わたしを育ててくれた祖母も、
料理の上によく南天を置いていました。
e0112619_931830.jpg

お煮しめの向こう側に、
たたきごぼう、いもきんとん。
どれもこれも、簡単なのに美しくておいしい♪
e0112619_931837.jpg

お雑煮は、植物性の出汁がカラダにしみてゆくお澄まし。
ああ、この味は、果たして再現できるのだろうか?
と、思いながら味わってきました。
お餅は、ストーブの上で丁寧に焼いていただいた玄米餅。
おもてなしのありがたさを感じます。
丁寧なおもてなしは、おいしい、おいしい秘訣です。


デザートは、乳製品などをいっさい使っていないのに、
濃厚なアーモンドショートブレッドと、
香り豊かな紅茶でした。
助手のみなさん、本当にお茶がお上手です。
三年番茶も、この紅茶も、
香り、味、ともにおいしいのです。
e0112619_931826.jpg


そして。。。
やっぱりお重が欲しい~。
と、思うこの頃。
[PR]
by totoko110 | 2012-12-08 09:03 | 食べ物・料理 | Comments(0)

2days shop 初日

e0112619_23142255.jpg

本日、「2 days shop」初日終了しました。

お店に並んだかわいいものやおいしいものをみているだけで、
1日があっという間に過ぎていきました。
集まる人達と、何気ない話をしているだけでも、
ホントに楽しいひとときでした。

企画されている「おひさまのたまご」さんと、
お友達のみなさまに、
感謝でいっぱいです。

来ていただいた方々、
お話しさせていただいたみなさまも、
ありがとうございました。

明日は、11時から16時です。
よろしくお願いいたします。
(わたしは、午後向かう予定です。)
[PR]
by totoko110 | 2012-12-02 23:14 | イベント | Comments(2)

今日と明日、2days shop

e0112619_9481192.jpg

今日、11時から「2days shop」です。
久しぶりにフェルトコサージュを作りました。
本日納品です^^;

目白の「アトリエソレイユ」さんに、行ってきま〜す!
[PR]
by totoko110 | 2012-12-02 09:48 | イベント | Comments(0)