ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

白のブラウス

e0112619_1622468.jpg
今年に入って、とりかかっていたブラウスが、
さっき完成しました。
中にセーターやTシャツを着て着る、
腰骨丈(?)のシンプルな長袖ブラウスです。




年明けから、イメージイラストを描き、
型紙をひいて、
布を選び、裁断し、縫う。
襟ぐりと袖ぐり始末の方法が決まらず、
数日眺めていました。

自分用に作ったので、着てみて、
また、型紙を修正しようと思います。



それと、お知らせ一つ。
高円寺のボックスショップToo-tickiさんを、
昨日で、卒業いたしました。
お店の方々には、大変お世話になりました。
いろいろなお言葉をいただきました。
ほんとうにありがとうございました。
お買い上げくださった方々にも、感謝いたします。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-27 16:02 | K*ito・けいと(作品) | Comments(4)

自分にしかできないこと

e0112619_22413084.jpg
先日、目黒シネマで、「スープオペラ」を観てきました。
予告でおいしそうなスープと、坂井真紀さんの着ているお洋服に誘われました。

吉永小百合さんの「おとうと」と、2本立てで、
「おとうと」は、観なくていいかな?
と、思いつつ先に観て、号泣。。。
山田洋次監督、さすがです。

さて、「スープオペラ」。
阿川佐和子さん原作、ということで、
阿川さんの雰囲気いっぱいのファンタジーな世界でした。

その映画を作っている映画会社の「ブレノン・アッシュ」代表篠原弘子さんの話が、
「ボナペティ」という冊子に出ていました。
「自分にしかできないことをやってみたい」
「やりたいことを一生懸命やっていれば
 次に繫がる何かが見える…」
そんな言葉に、
「スープオペラ」の中にある日常にも通じることを感じました。

豆乳のグラタン
[PR]
by totoko110 | 2011-01-25 22:41 | 映画 | Comments(2)

白崎茶会「全粒粉ピチ」の会

e0112619_0253399.jpg
「全粒粉ピチ」、手延べ生パスタを習ってきました。
この会は、地粉うどんを習っていない人には、ハイレベルらしく、
地粉うどんを受講していないわたしは、
白崎先生ののDVDを購入し、事前に地粉うどんを練習してから、
ドキドキして、今日、参加してきました。



写真は、ピチが干されている場面です。
作った麺を、1時間以上干してからゆでるのです。

水回し、切り方、伸ばし方、干し方、収穫の仕方などなど…
粘土遊びのように、楽しかったです^^







e0112619_0253398.jpg
収穫された麺をゆでていただき、
マスタードとナポリタンのソースで、順番にお皿に出されました。
ナポリタンに至っては、手作りケチャップの作り方も教えていただきました。







「ピチ」という、生パスタは、高級イタリアンレストランでも、
ほんの少ししか出されないという、贅沢な一品だそうです。
それを、おなかいっぱいごちそうになってきました。
作って出していただける食事。
スペシャルレシピまでも伝授していただき、
ありがたい茶会です♪




e0112619_0253359.jpg


こってりパスタには、あっさり塩漬けサラダ。
紫色の人参らしきものが、入っていました。
新鮮なおいしい野菜は、シンプルな塩味で、
十分満足できます。






e0112619_0253361.jpg



デザートに、シャリシャリショコラクッキー。
バレンタインに、ぴったりです!
もちろん、バターも卵も使っていません!!!
それでも濃厚な味。


白崎茶会」。今回も驚かせていただきました。










e0112619_0253362.jpg
11時からの茶会へ行くのに、8時頃、家を出ます。
乗り継ぎ便利な電車時間の関係で、
いつも、10時前に逗子駅に到着し、
図書館などで、バスまでの時間をつぶしています。
今日も、図書館へ向っていたら、
市役所横の神社で、「かみの市」という市(いち)をやってました。

月に1回開かれている、食品中心のイベントのようでした。
人もまばらだったせいか、
第一回目の「渋谷てづくり市」や「大鳥神社」に参加したことを思い出しました。
偶然「シュルツカフェ」さんの焼き菓子発見!
マクロビのおやつを作っていらっしゃる
Yamna(ヤムナ)さんとも、少しお喋りさせていただきました。

ふらっと寄った「市」。
楽しかったです^^
こんな風に、楽しめるイベントが、
野外イベントの原点なんだろうなぁ。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-24 00:25 | 食べ物・料理 | Comments(0)

「ニトクラフツ」さんの額縁

e0112619_1041187.jpg
昨年5月に購入した富田惠子さんの銅版画作品(「ちょう」)に合う額縁を、ずっと探していました。

昨年11月、吉祥寺パルコの屋上で、青空個展に参加したとき、
近くのブースで、素敵な額縁を見かけました。
木工で作品を作っていらっしゃる、「ニトクラフツ」さんの作品でした。
「ニトクラフツ」さん。
普段のお仕事は、お店や住居の空間設計をしていらっしゃって、
イベントは、部活動、なのだそうです^^
『(部活動は、)楽しくやりましょう。』
会話の中の言葉が、とても印象的でした。
12月の「手創り市」でも、お会いし、
ずうずうしくも、額縁を作っていただくことになりました。

最初は、グレーでお願いしていたのですが、
作品の中にあるベージュ塗装の柱時計に魅かれ、
銅版画や家の雰囲気も考えて、
グレーががったベージュに変更していただきました。





額縁が、今朝、届きました。
写真の撮り方がうまくいかず、ぼやけていますが(ごめんなさい!)、
メイプルの棚の色や家の雰囲気にぴったりでした。
富田さんの作品を、とっても素敵な額縁の中に入れてあげられて、嬉しいです。


「ニトクラフツ」さん、
本当にありがとうございました。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-21 10:41 | ひとびと | Comments(0)

沖縄旅行のはなし⑥ジャッキー

e0112619_2248995.jpg
沖縄に着いた日、那覇市内のホテルからタクシーに乗り、
有名店「ジャッキーステーキハウス」へ行きました。
地元の方々と観光客で、店内はごった返してました。
30分以上待ち…ラーメン屋さんのよう^^;
地元の方々に人気というだけあって、安くておいしい!
店内は、食堂という名前がぴったりの昭和なレトロさ。
芸能人のサインも壁いっぱいです。




肉をいっぱい、は、食べられないわたしも、
下の子と半分こ(注:わたし、ビーガンでもベジでもありません…)。
おなかがすいてない、という下の子も、がつがつ食べてました。
やわらかくて、おいしいのです。
そして、安い。



ダンナは、大きいサイズにしておけば良かった、と後悔。
食べ足りないと、お持ち帰りで、ハンバーガーを2つ頼むことにしました。
円高還元、とのことで、400円が350円(だったかな?)。
これがまた、大きいのでした(普通のハンバーガーの1.5~2倍?)。
こんなにいっぱい、食べられるの??
帰って包みを開いて思ったけれど、
生の厚切り玉ねぎのパンチが効いて、
挟んであるハンバーグがおいしくて、
4人で、ぺろりと食べてしまいました。




その帰り道のこと、再びタクシーに乗ったところ、
後ろのドアが突然閉まらなくなってしまいました。
どうやら、故障のよう。
タクシーの運転手さんが、
「壊れているね。
 タクシーひろうね。」
と、降りて、違うタクシーを止めてくれました。
申し訳なさそうに謝る運転手さん。
なんだか、こちらこそ、タクシーをひろってもらって、
申し訳なく思いました。


沖縄の人同士だったら、後ろのドアを押さえてあげて、
営業所まで行ってあげるのかなぁ。
あの運転手さん、どうやって帰ったのかなぁ。
みんなで、とっても心配になってしまいました。

大丈夫だったのかなぁ。。。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-20 22:48 | | Comments(0)

沖縄旅行のはなし⑤大晦日と元旦

e0112619_22353875.jpg
大晦日は、ゆっくりホテルで温泉に入ったり、
夕食を食べたのに、すぐ、年越し蕎麦をいただいたり、
(沖縄の年越し蕎麦は、沖縄そばです^^)
カウントダウンの花火を見ながら、振る舞いシャンパンを飲んだり…
旅行先のホテルでのおもてなしは、海外でも、日本でも、
年末年始が、1年のうち1番じゃないかと思います。

家にいると、わたしが、ぎりぎりまで掃除をしたり、
おせちを作ろうと頑張っていたり、
いつも、かなり忙しイライラモードになっているので、
どうやら、連れ出されているようです。。。

元旦は、おもちつきや、やっぱり振る舞い酒や、
獅子舞などなどのサービス。
宿泊したホテルのスタッフの方々も、あれやこれや、
お楽しみイベントを企画してくださってます。

朝食のお屠蘇も飲んで、マスでいただく日本酒も飲んで、
おいしいお酒は、ちびちびと、今年も楽しみます。

1日は、ちゅらうみ水族館をのんびり見て、
夕方の便で帰りました。
3日間、天気が悪く、寒くて、
重ね着して過ごしていました。
太陽が出なかったので、写真もあまり撮れませんでした。

大晦日、元旦から働いていらっしゃるサービス業のみなさま、
今年もお疲れ様でした。
今頃、遅めのお休みはとれていますでしょうか?
お世話になり、ありがとうございました。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-17 22:35 | | Comments(0)

沖縄旅行のはなし④中城城跡(なかぐすくじょうあと)

e0112619_034436.jpg
斎場御嶽(せーふぁうたき)から車を走らせ、
こちらもまた世界遺産、中城城跡(なかぐすくじょうあと)へ。
14世紀後半に、琉球王国が栄え、
海外との貿易を盛んにしていた頃の、城跡だそうです。
城は、自然の岩石や地形的条件を利用し、丘の上に築かれていたようです。
琉球石灰岩の切石でパズルのように造られた城跡の石垣は、
美しい曲線を描いていて、小さなマチュピチュのようにも見えました。



まだまだ、発掘作業や研究が行われている最中らしく、
遺跡発掘調査中の現場が、作業はそのままストップされて、
年末のお休みに入っていました。

ただ、入り口にある小さな飲食販売店は、
人もまばらで強風で寒い、2010年最後の日に、
その場所で、営業中でした。
お姉さんが一人、店番をしていて、
小さな台所で彼女が作ったのでしょうか?
「さーたーあんだぎー」を販売されていました。
おなかがすいていたので、みんなで買って食べました。
プレーンときなこと黒糖。
今まで食べたことのない、さくっと軽くてあっさりした、
おいしい「さーたーあんだぎー」でした。

下の子が気に入って、あとで、
「おみやげにもっと買っておけば良かった。」
と言う。
ダンナも、
「きなこは、今まで食べたことのないおいしさだった。」
と言う。
ああ、後悔。
そういう出会いもありますね。
もっと食べたいけど、もう食べられない。

今日もまた、あのお姉さんは、
一人でおいしい「さーたーあんだぎー」を売っているのかな?
おいしかったですよ~。
と、お伝えしたいです。

昨日も沖縄は、例年より寒かったようです。



東京も寒かったですね~!
日曜日に、1年間やっていた小学校の委員会が終わり、
引き継ぎを終え、少し、ほっとしました。
午後は、世田谷ボロ市へふらっと。
人が多すぎて、行ったことを後悔した^^;
本当に本当に、寒かったし。。。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-17 00:34 | | Comments(0)

沖縄旅行のはなし③斎場御嶽(せーふぁうたき)

e0112619_033986.jpg
世界遺産の旅。

識名園と首里城を到着した日にまわり、
2日目の午後、斎場御嶽(せーふぁうたき)へ行きました。

世界遺産になったからこそ、観光できるのであって、
今でも、信仰の場であるため、敬意を払って見学するように、
という場所です。

その昔は、男子禁制。
国王でさえ女装しなければならず、
庶民は、全く立ち入ることはできなかったそうです。
今でも、一般公開されていない御嶽(うたき)が、
あちこちに存在するようです。
斎場御嶽は、琉球創世の神(アマミキヨ)が、
国始めに造った七御嶽のひとつで、
もっとも格の高い御嶽とされる場所です。

そういえば、御嶽(おんたけ)と呼ばれる山も、全国にたくさんあって、
その場所は、やはり、山岳信仰の場所なのですよね。
自然や神さまを信じる心は、
昔から日本人にあった、人間の本能なのかもしれません。

自然を敬う気持ちが、現代の生活には、少し足りないのかな。。。

自然の神秘って、生命の不思議って、
科学だけでは、わからないことだらけなんだろうなぁ。



岩の上から光がおりて、
美しい場所でした。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-16 00:03 | | Comments(2)

目黒シネマ

e0112619_23101190.jpg
今日も寒いですね。。。
目黒シネマ」で、荻上直子監督作品、
「トイレット」と「めがね」の2本立てを観てきました。
2006年「かもめ食堂」を渋谷の映画館で観たのがついこの前のよう。
「かもめ食堂」もお正月に上映されていたのですが、
子どもたちの冬休み中で、行けなかった。。。
もう一度、映画館で観たい作品です。

今日の2本。
風のような映画でした。
ふぅわぁ~っと、日常生活に風を運んでくれました。
「めがね」の中のことば。「どんなことでも、あせらなければ、なんとかなる」。
映画って良いですね。
今年は、たくさん観よう。

e0112619_23101174.jpg
たまたま見つけた「目黒シネマ」。
この映画館も、いい味です。
荻上監督特集、ということで、
けしゴムはんこコーナーがあったり、
貸し出し本コーナーがあったり、
「かもめ食堂」の「シナモンロール」を荻上監督特集週間限定販売したり…
キャッチコピーは、「いつも腹ペコ2本立て」^^
[PR]
by totoko110 | 2011-01-13 23:10 | 映画 | Comments(2)

沖縄旅行のはなし②(やちむん)

e0112619_1025742.jpg
12月31日の午前中、「やちむん(焼き物)通り」を歩きました。

大みそかだからか、近くの商店街や八百屋さんには、
たくさんの人が買い物に来ていました。
目指した壺屋焼物博物館は、市立博物館なので、やはり休館日でした。
博物館横に伸びたやちむん通りのはずれで、
このお皿に出会いました。




特価品の山の中にあった、1枚のお皿に惹きつけられて、
少し傷のあるお皿を手に取り、長い時間過ごしていたら、
店主さんが、奥から出してきて下さったのが、このお皿(傷なし)でした。
金城次郎さん(人間国宝)の長男、金城敏夫さんが、若い頃作った作品だそうです。
「焼き物は、出会いだから、完成品だけど特価品の値段と同じでいいですよ。」
(注:特価といっても、たたき売りではありません^^;
   何故特価品の中に名前も付けず置かれてしまったの?と、思う反面、
   と言っても、今の作品とは作風が全く違うので並べる場所もなく、
   こんな状況を待っていたのでしょうか?)
ダンナに「え?買うの?」と言われながらも、購入し、
割らないように持って帰ってきました。

現在、金城敏夫さんは、この作風の作品は作っておられないそうで、
お皿の色合いや、筆のタッチや、くすんだブルーの釉薬は、どの店にもありませんでした。
本気で探せば、あるのかもしれませんが…
すごく気に入った作品に出会った時、出会えて良かった、と、心が満足して、
急いで帰ろう気分になるのは、何でしょう?
手づくり市でも、その気分は同じような気がして、
たからもの探しに似ているのかな?と、思ったりしました。

e0112619_102571.jpg


帰り際、店主さんからおもしろい話を聞きました。
以前、「アド街…」で、放送された時(実は有名なお店だった!?)、
翌日から、テレビで放送された作品の注文が全国から相次いだそうです。
沖縄では、放送がなかったけれど、
テレビの力ってすごいなぁ、と感じたそうです。

放送されてない作品の中にも、良い作品は沢山あるのにね、
と、大笑いしました。

11月の「手創り市」で、テレビってすごい、と思ったのが同じだったので、
妙に納得して、でもそれってどうなんだろう?と、
苦笑いになってたりしました。



おみせやさんの名前は、「壺屋民芸」さんです。
[PR]
by totoko110 | 2011-01-12 10:25 | | Comments(0)