ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

カテゴリ:バッグなどのお手入れ方法( 2 )

無印のバッグインバッグ

e0112619_1033527.jpg
ちょっと前に購入した、無印のバッグインバッグ。
約1年毎日のように使って、
ふにゃふにゃになっていた麻のバッグに入れてみたら、
サイドのたるみがしっかりしたので、ご紹介してみました。




バッグインバッグは、3点セット。
小さいポーチバッグが、大きいのに入っていて収納でき(ボタンで取りはずし可)、
おまけにティッシュ入れ付きカード小物入れもくっついてます。
単独でも使えて、なんといっても軽い♪
わたしは、別々に取りはずして、
小さいポーチは、別の小さい麻のバッグに入れて、使用してます。
e0112619_1033580.jpg

大きいバッグインバッグの上に、小さいポーチを乗せて、
麻のバッグに入れ、持った写真です。
ふにゃっとした感じが、少し落ち着いたような気がします。



今まで、芯を入れないで、自然な感じで作ることを目指していましたが、
毎日毎日、長く使うには、そこのところをもう少し考え直そうかな?
と、今年に入って思っています。
それでも、合繊のぱりんとした芯は、できたら使いたくないので、
次のバッグを、そんな考えのもと、試作とりかかります。

それとは別に、バックインバッグ、
カバンの中で散乱する小物の収納にも、
使いやすかったのでご紹介してみました。
水玉とか、ブラックウォッチ柄とかもあったので、
無印に行ったら、ついでに手に取ってみてくださ~い^^
[PR]
by totoko110 | 2011-03-11 10:33 | バッグなどのお手入れ方法 | Comments(2)

バッグなどのお洗濯について

4年前のエプロン・3年前のバッグ(生成)・1年前のバッグ(茶)
クタクタ感も、味わってください
e0112619_0335258.jpg
わたしの作るバッグは、自然素材なので、お洗濯をして使っていただけます。
丁寧な扱い方は、手洗いです。
簡単なお洗濯方法は、ネットに入れて洗濯機です。
洗剤は、できれば、合成洗剤は使わない方が、
風合いが、長持ちします。

ウールは、ウール用の洗剤を使って下さい。

持ち手などに革素材が使われている場合は、革素材を水につけないようにして、手洗いで部分洗いをするか、やわらかい布に洗剤を含ませ、汚れを拭き取って下さい。





Tシャツやジーンズのように、使ってほしいと思ってます(価格もTシャツを基準にしています)。
使っているうちにクタクタになるのは、ご理解下さい。
色褪せも、味わってみて下さい。

よろしくお付き合い下さいマセ^^

※昨夜、ぬいぐるみ用ふき取り洗剤をウール地の洗濯に、と、書きましたが、実際やってみるとあまりおすすめしたくない方法でしたので、削除しました。
[PR]
by totoko110 | 2008-03-12 00:33 | バッグなどのお手入れ方法 | Comments(2)