ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

カテゴリ:旅( 122 )

5月22日の会津若松

e0112619_8414167.jpg
5月21日、朝倉さんの料理教室に行ってきました。

今回も晴天。
初夏の鮮やかな緑、
郡山から会津若松の車窓、
爽やかな空気、
日々のわたしをリセットしました^^;

前回4月の会津若松で、会津塗に出会いました。
ふらっと入ったギャラリーのお弁当箱展で、
「溜(た)め」という飴のような色合いの塗りに一目ぼれ。
今回、料理教室翌日に
会津塗老舗の「白木屋漆器店」さんに寄りました。
会津塗は、日常使いにできる漆器が多く、
親しみやすいのが嬉しいです。

宿泊しているビジネスホテルのおいしい水のなぞも判明。
浄水器など使っていませんでした。
おいしい理由は、
朝4時から毎日厨房で大量の水を流し、使い続けていること。
そして、何より、
水源が磐梯山だということ。
今回も、本当にあまくておいしかったです。
お尋ねした職員さんによると、
「お客様によく言われます。」
とのこと。
そうですよね。
やっぱり。
おいしいですもの。

1週間後、再び会津若松へ。
4回連続料理教室いったん終了です。
3回の訪問で、
すっかり会津若松ファンになってしまいました。
[PR]
by totoko110 | 2016-05-29 08:41 | | Comments(0)

4月23日の会津若松

e0112619_11161699.jpg
4月23~24日、朝倉さんの料理教室2回目参加のため、
会津若松に行ってきました。

例年なら、桜満開の季節なのだそうですが、
今年は、3月に行ったときにも
雪がなかったというほどの暖冬で、
春到来も早く、葉桜の季節に入っていました。
ただ、郡山から会津若松の車窓から、
山裾の寒い地域なのでしょうか、
見事な桜が楽しめました。

会津若松に到着後、
すぐに野口英世青春館1階のコーヒーショップに入って、
コーヒーを飲んでみました。
酒粕チーズケーキを一緒に注文したら、
抹茶アイスがついてきました♪

お水もコーヒーもおいしかったのですが、
先月、ホテルで飲んだお水とはちょっと違いました。
ホテルのお水は、浄水器を使っているのかな。
たぶん…、
車窓から見た小川や、
手洗い所の洗面台についている茶色の何か、が、
水に含まれているんじゃないかな?
鉄分?のようなミネラル分かな?
だから、お水に味のようなものを感じる?
茶色の何かは、海外を旅した時や、
岐阜の実家の山から流れる小川に見られます。
粘土山のふもとだったり、
地層に茶色い石がたくさんあるところから出てくる水に、
含まれています。
どうしてわかるか?
川底が赤茶色になっているからです。
水は、透明なのにです。

今回の会津若松では、
末廣酒造さんの酒蔵の見学にも行きました。
そこで飲んだ仕込み水の味も、
何かの味がありました。
それが、何の成分なのかは、わかりません。。。

ちょっと感覚的なことの勝手な独り言でした。。。
[PR]
by totoko110 | 2016-05-03 11:16 | | Comments(0)

福島県会津若松市へ

e0112619_1237589.jpg

3月13~14日、会津若松へ行ってきました。

自然栽培のイタリア産オリーブオイルを輸入し、
自ら全国で料理教室をされている
朝倉玲子さんのアトリエで、
3月から6月まで月1回料理を学ぶ予定です。

埼玉の大宮から福島の郡山までは新幹線、
郡山から会津若松までは、
1時間に1本の在来線で、その終点が会津若松です。
会津若松から朝倉さんのアトリエは、徒歩15分ぐらいです。
3月は、道に雪が残っている、覚悟してました。
が…
今年は、いまだかつてない暖冬なのだそうで、
雪がなかった!
年配の方々が、経験したことのないほど、
雪のない会津若松だったそうです。
温暖化?
なのか?

とにもかくにも、
会津若松は、歴史のある大きな街で、
歩いていると旅のスイッチが入ります。
e0112619_1237529.jpg
朝倉さんアトリエでの料理教室は、
土曜日の12~15時、18~21時。
今回は、翌日日曜日に
タンボ・ロッジ大屋さんのスィーツ教室参加。
2日間、みっちり学びました。

合間の休憩時間で、街を歩きまわり、
一人旅を楽しんできました。
写真は、野口英世青春館です。
2階が記念館、1階は、コーヒーの喫茶店。
泊まったビジネスホテルで、
朝のコーヒーが素晴らしくおいしかった。。。
何故?
と思って最後に水を飲んでみたら、
「水がおいしい!!!」
そうなんです。
土地柄、水がおいしいんです。
(お酒もおいしいそうです!)
次回は、野口英世青春館1階喫茶店で
コーヒーを飲んでみよう。
(お酒も^^)

日常生活から離れると、心がリセットされます。
時々、非日常の世界でエネルギーをチャージしないとな~、
しみじみ思いました。
[PR]
by totoko110 | 2016-04-03 12:37 | | Comments(0)

南禅寺と蹴上

e0112619_21435664.jpg

お宿の近くの南禅寺に、朝早く出かけました。
紅葉の季節、土日にに京都へ行こうなんて、
自分だけだったらやめちゃうぐらい、
観光客でいっぱい。
でも、朝9時半にお散歩すれば、
人気の場所も混んでいません。
良かった~。
京都の紅葉、久しぶり^^
大学時代3年住んだ下宿の窓からは、
東山の紅葉がばっちり見えたんです。
今思えば、贅沢。。。
e0112619_21435627.jpg

[PR]
by totoko110 | 2015-12-22 21:43 | | Comments(0)

千畳敷カール散策

温泉宿に1泊した翌日、駒ヶ岳ロープーウェイで、
千畳敷カールまで行きました。
ロープーウェイの駅までは、バスで細い道をうねうね登ります。

しらび平駅から千畳敷までのロープーウェイは、
かなりの急勾配で、日本一高い場所にある駅ということや、
日本初の山岳ロープーウェイということに驚きます。
e0112619_1215293.jpg

長袖の上着など防寒具を忘れたことは、大失敗。
千畳敷駅についたとたん、気温がぐっと下がってました。
友人に温かいジャケットを借りて、無事でした。。。
Mちゃん、どうもありがとう。。。

高山植物のお花畑、見頃でした。


たくさんの登山客が、ちゃんとした装備をして、
駒ヶ岳へ向かって歩いてました。
登山ブーム、ですね~。
みなさん、ステキな登山ウェアでした。

e0112619_1215277.jpg

写真では、一部分しか切り取れません。
駒ヶ根観光HPからも、ご覧になって下さい♪)
e0112619_1215298.jpg



お昼は、麓に戻ってきて、
おいしいおいしいおそばと、
五平餅と、
木の芽田楽。
e0112619_1215279.jpg

五平餅は、岐阜のくるみやゴマの入ったのと味が違い、
木の芽田楽は、お豆腐かと思っていたら、
こんにゃくでした。
信州のお味、満足でした。


あっという間に、1泊2日の旅が終わりました。
駒ヶ根の観光を企画してくれた友人に感謝しながら、
実家に戻りました。
[PR]
by totoko110 | 2013-08-19 12:01 | | Comments(0)

光前寺

養命酒工場でゆっくりした後、
光前寺というお寺に行きました。
e0112619_9112512.jpg

大きな木々の中にある、静かなお寺で、
少しの間、日々の忙しさを忘れてしまいました。
お寺の入り口に、石垣があって、
その石の間に光苔が見えるというので、
のぞき込んでみました。
暗い中に、蛍光色に光る苔がありました。
e0112619_9112582.jpg

8月というのにあじさいが見頃でした。
涼しい場所でした。



8月18日になった今朝は、東京も初秋の光です。
お昼は、暑くなるでしょうが、
やっぱり、京都の大文字が終わると、
季節は、秋に向かうんですね。
[PR]
by totoko110 | 2013-08-18 09:11 | | Comments(0)

駒ヶ根養命酒工場

実家へ到着した翌日、学生時代の友人達と、
長野県の駒ヶ根へ1泊2日で行ってきました。

まずは、養命酒の工場見学です。
すごく楽しみにしていたので、テンション上がってました♪
e0112619_9354969.jpg

高い山の麓、森の中にある工場敷地内は、
雪解け水の川が木々の中を流れていました。
歩いているだけで、森林浴。
工場も興味津々(生薬といわれるサンプルも展示)。
お酒も試飲して、満喫しました。

e0112619_9354953.jpg

工場内にあるカフェで、お昼を食べました。
久しぶりにたっぷりお喋りして、
のんびりしてしまいました。

今回は、中年女子(?)5人旅。
出会ってから30年も関係が続いているのは、
会うたびにすごいと思う^^
(学生時代の部活動同期は、全部で9人。)
[PR]
by totoko110 | 2013-08-17 09:35 | | Comments(0)

くるみの木(京都の旅④)

12月16日、13時に京都市役所前から地下鉄に乗り、
そのまま、奈良へ向かいました。
京都の地下鉄が、近鉄奈良線につながっていることを、
今回初めて知りました。
(昔からの近鉄京都駅も別にあるのですが、
 市役所から地下鉄で近鉄の電車に乗り継げるのは、便利でした!)
近鉄大宮駅から、徒歩15分。
目的地「くるみの木」さんです。
e0112619_23222247.jpg

京都に行くことを決めた頃、
「私は夢中で夢をみた」(「くるみの木」オーナー石村由起子さん著)、
という本を書店で偶然手にし、購入しました。
電車の中で読んでしまい、すぐに、奈良行きも予定に入りました。

行くならランチが食べたいので、すぐに電話予約しました。
予約しても、ランチが確保されるだけで、
1時間以上並ばないといけないそうでした。
14時半までにお店に到着しなければならず、
徒歩15分は、道に迷わないようにしないと、です。
(近鉄大宮駅に着いたのが、14時過ぎていたので…!)
e0112619_23222219.jpg

大宮駅では、降りる方角を間違えないこと、
一条高校、が、曲がる時の最大の道しるべ。
でも、すごく不安な道でした。
駅からの道は、バイパスっぽい広い道だし、
人気はないし、お店って、あるんだろうか?
不安になってしまう、歩道。

でも、目印の踏切がありました。

本やネットで見る、お店の風景がありました^^
その場所には、たくさんの人がいました。
14時半にギリギリ間に合い、名前を伝え順番を待ち、
1時間後、ランチプレートをいただきました。
お料理の写真撮影許可をいただいて、撮影させていただきました。
(店内は、撮影禁止)
e0112619_23222224.jpg

・焼き椎茸ごはん
・肉団子と水菜の豆乳シチュー
・串揚げ
・レタスと茄子の焼きビーフン
・カボチャとセロリのサラダ
・梅のゼリー
1品1品、丁寧に作ってあって、おいしかったです。
他のメニューも食べたかったけど、おなかがいっぱいで、
また次の機会のお楽しみ、ということにしました。

ランチメニューは、1週間ごとに替わり、
ランチプレート以外にも、おいしそうなメニュー盛りだくさんでした。
e0112619_23222259.jpg

雑貨店やおみやげ物やさん、ギャラリー、
1時間待っていても、全く退屈しません。
来て良かった!と、思えるようなものがたくさんありました。
そして、3時間ほど滞在し、
またいつか来たいな、と、思いながら駅に歩きました。
e0112619_23222282.jpg


1984年から続いていて、
ますます注目されるカフェと雑貨のお店「くるみの木」さん。
どうしてこんなに人気なんだろう?
理由は、シンプルに
また来たい!
ということでした。

おいしい、
嬉しい、
楽しい。

発信し、ずっと続けていくことって、
簡単じゃないと思うから、
それを続けてるって、すごいことだと思います。
しみじみ。。。
[PR]
by totoko110 | 2013-01-08 23:22 | | Comments(0)

京都歩く(京都の旅③)

叡電で、一乗寺から出町柳まで戻り、
河原町今出川の交差点まで歩いたら、
後は、ひたすら河原町を市役所方面に向かいました。
行きのバスの中で、きっとあの店は!
というお店に目があったのです。
ガイドで調べたら、
お店は、やっぱり「草星」さんでした。

その器のお店をめざしつつ、
道すがら、気になる窓あかりを発見。
2階の窓が、こっちへおいでと呼んでいました。
入り口から2階へ上がり、テナントの1室へ。
そこは、コーヒー豆を売っているカフェでした。
「カフェ工船」というお店で、
辻和美さんのガラスも展示されてありました。
そして、コーヒー豆は、以前から気になっていた
「オオヤコーヒー」さんのものでした。
偶然の出会いに驚きながらも、
タイのコーヒー(珍しいでしょ)と
ケニアのコーヒーを購入してみました。
お店さん、呼んでくれてありがとう^^
e0112619_05453.jpg

そして、また、歩き、目的の「草星」さんへ。
入ってすぐ額賀さんの器が数点あって、
おお!出会いかも?
と、ずいぶん悩んで買おうとしましたが、
店主さんが、前のお客さんに粉引きの使い方を解説されていて、
なかなかお話しが終わらないようでしたので、
お買い物は、またの機会にしました。
本当に、器が大好きな店主さんなんでしょうね。
すてきな器ばかりが並んでいました。
e0112619_054557.jpg

「草星」さんの次は、「モリカゲシャツ」。
入り口のドアがかべのようで、
入るときも出るときも、開けてもらいました。
(写真ありません^^;)
ここでは、1枚シャツを買おうと決めていたので、
ぴぴっとくるシャツを1枚試着して、
さっと購入し店を出ました。


雨が降り出してました。
もうすぐ6時。
友人の個展に行く予定にしていた時間です。
ちょっと早歩き…

けっこう歩けるものです。
出町柳から、市役所前まで歩きました。
そうそう、京都は、歩いた方がおもしろいのです。
夏だと大変ですが。。。

その日は、友人の個展もたっぷり観ることができて、
夜の食事もお茶も、おしゃべりも、
楽しませてもらいました♪


そして翌日は、午前中ホテルの横にある本能寺に行き、
信長さんのお寺とお墓をお参りしました。

e0112619_054619.jpg


寺町を歩いて、錦にも行きました。
「有次」さんも寄ったりして、
型抜きを買いましたよ。
お花の型2種、
野菜にもクッキーにも使えそうです。
e0112619_054591.jpg


京都2日目の12月16日は、
友人の個展会場で、学生時代の友人2人にも会うことができて、
短い時間でしたが、話をすることができました。
不思議なんですが、ほんの10分ぐらいなのに、
会話が濃厚^^;
長いつきあいの友人には、
お互い今までの履歴がインプットされているので、
細かいことは、説明省略なんですよね。

有り難いことです^^
[PR]
by totoko110 | 2013-01-07 00:54 | | Comments(0)

一乗寺へ(京都の旅②)

知恩寺を後に、叡電で一乗寺へ向かいました。
e0112619_23263791.jpg

行き先は、「恵文社一乗寺店」。
6年ぶりです。

e0112619_23263787.jpg

「恵文社一乗寺店」は、書店ですが、
ギャラリーがあったり、雑貨があったり、
手作り作家さんの作品や、
食べ物やお茶なども時々おいてある、
魅力的な場所です。

ギャラリーアンフェールでは、
関美穂子さんの個展が開催されていました。
大きな布作品の色、素晴らしかったです。

書店内は、本のセレクト、並べ方もおもしろいのです。
今回も、わくわくしてきました。

e0112619_23263794.jpg

夕方近く、疲れも出てきたので、恵文社さんを出ました。
裏の通りを歩いていると、
ガラス張りのお店前に、小さな黒板。
パン屋さんの「パン223」さん、
今日が、オープン初の土曜日だとか。
天然酵母のパンが売られてました。
(少しお話をうかがったので、
 詳しいことは、下記に…)
e0112619_23263775.jpg

その後、
パン屋さんで、ご近所のカフェを案内してもらって、
遅い昼食を食べました。
夕方でも、定食があるって嬉しかったです。
若い女の人が、2人でキッチンにいらっしゃいました。
e0112619_23263784.jpg

ご飯とおみそ汁が食べたかったので、
ホッと落ち着きました。
もう、今日はこのご飯で夕食も済ませようかな、
と、考えて食べてました。

が、
わたしの胃袋、この日はまだまだ大丈夫でした。
夜は、友人と懐かしのご飯やさん「びお亭」で、
しっかりご飯を食べたのでした^^;
写真を撮ってなくて残念ですが、
「びお亭」は、学生の頃よく利用していたご飯やさんです。
カウンターやテーブルが、そのままで、
本当にびっくりしました。
お疲れなのに、ご飯を一緒に食べてくれた友人に、
とっても感謝でした。

かわいいパン屋さん
[PR]
by totoko110 | 2013-01-05 23:26 | | Comments(0)