ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

グリーンレーズンパン

ふっくら
e0112619_23271072.jpg

グリーンレーズンを入れて、焼いてみました。
いつもは、生協の国産小麦(北海道や東北産)を使いますが、今日は、スーパーで購入した日本製粉の強力粉を使いました。
間違いなくふっくらしっとり、焼き上がりました。




昨日、家にある強力粉を使い切り、『当分、パンは焼かないな』と、思っていました。
ところが今日、スーパーで、日本製粉の強力粉を見かけ、つい、購入してしましました。

実は、日本製粉(株)さんこそ、私のパンの師匠なのです。
まだ、新宿の高島屋が無かった頃、その近くにある本社の教室に通わせて頂いてました。
先生方は、パン作りの基本を、丁寧に教えて下さいました。
“ニップンのふっくらパン(という商品名)”で作ったパンは、確実にふくらんで、やわらかく口当たり良く、久しぶりの懐かしい味がしました。

同じ酵母で焼いても、小麦粉を変えたらこんなにパンの味が変わるのか、というのが驚きです。
国産小麦は、やはり、素朴で、味があります。
そんな、素朴な国産小麦が、やっぱり私は大好きなんだなぁ、と、思いました。
あくまで、私の好みですが…

師匠の味は、上品で、私の好みは、素朴、といったところでしょうか?
[PR]
by totoko110 | 2007-07-15 23:27 | 食べ物・料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< お見舞い ちびまるぱん >>