ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

春野菜の苦み

e0112619_22533213.jpg
我が家は、毎日、小松菜などのアブラナ科の野菜を食べています。
一年を通して、手に入る野菜ですが、季節や産地によって少しずつ、味が違います。
菜の花の咲き始めるこの時期は、わずかに苦みがあります。
上の子は、冬の間甘くておいしく食べていたゴマあえを「う~、苦い!」とお茶で流し込んで食べていました。
春野菜の苦みは、春のカラダに必要な栄養だよ、と、菜花を見せて説明したものの、大人の味覚にはおいしいと思われるものも、子どもには、理解し難い味のようです。
[PR]
by totoko110 | 2007-02-21 22:53 | くらし
<< 外国への想い キッザニア >>