ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

1000年の桜

e0112619_18433282.jpg

8月末に朝倉さんのオリーブオイル料理教室へ、
会津若松へ行ってきました。
今回7回目の会津若松。

以前から地図に名前があり気になっていた
蚕養国神社、というところを目指し、
歩いてきました。
その神社にあったのは、
1000年前からそこに生きている桜。
桜は、50年でも大きくなって
菌類に根元を侵食されて
短命というイメージの木です。
この厳しい環境の北の土地に、
1000年も生きているって、
すごいな、と思います。

先日、屋久島の杉を特集した番組を見ました。
屋久島でなら、杉なら、
1000年は、ありうる。
でも、会津若松で、
桜が、1000年って、
これすごいんじゃないでしょうか?

神々しい木でした。
「峰張桜」という名前だそうです。

[PR]
by totoko110 | 2017-09-06 18:43 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 紫の夕暮れ 2017夏出会った本から >>