ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

2017夏

e0112619_12252167.jpg

長い夏休みの間に、久しぶりに
Tシャツ3枚、エプロン2枚、スカート1枚作りました。
まったりしたのんびりの夏でした。

そして今週は、岐阜の実家に一人で帰省していました。

お墓の草取りと実家の掃除をし、
あっという間に2泊3日の帰省が終わりました。
帰る日に、3人で食事をしようということになり、
高齢の両親でも外食できる手打ちうどんのお店に行きました。
小さいころから変わらぬメニューで、
何十年も通っているうどん屋さんです。
ご主人さんが、両親の知り合いということもあって、
時々行ってアツアツの塩だしの天ぷらうどんをいただくことを
楽しみにしていました。

ところが、この夏、
そのうどんを食べることが出来ませんでした。

お店の入り口に5月20日で閉店、と張り紙がありました。

驚いたのと同時に、ここ数年、お店に行くと
ご主人さんが店を閉めたい閉めたい、
と母に何度も言っていたのを聞いていました。
まさか、本当に閉店するなんて!
5月だったなんて!

この場所で、あの天ぷらうどんがもう食べられない、
ショックを通り越して衝撃でした。
そのお店は、もう1店大きなお店があり、
閉店の張り紙には、その店への案内が書いてありました。
だけど、わたしは、
小さな頃から通っている古いお店が大好きでした。
ご主人さんのうどんが、あの御出汁が食べたかった。

何十年もお店を続けてこられたご主人さんには、
お疲れ様でした、
という気持ちがいっぱいです。

いつまでもやってくれるに違いない、
と思っていた自分が浅はかでした。

年月の流れるのが早い、と思うのも老化、
だそうですね。
いつか行こう、いつかやろう、
いつまでもある、いつかでいい、
と思ってたら、
あっという間になくなってしまう、
ということですね…

あの天ぷらうどんがあのお店で食べたかった!
2017夏でした。

[PR]
by totoko110 | 2017-08-26 12:25 | イベント | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2017夏出会った本から たぶん、かぼちゃ。 >>