ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

お豆をいかに食べるか

e0112619_12202546.jpg

豆は、食べると胸やけがするので、
味噌などの発酵食品で食べる。
それが、日々の食べ方でした。

昨年、べにや長谷川商店長谷川清美さんの
「日本の豆ハンドブック」
という本を図書館新刊コーナーで見つけました。
その本で、日本各地の在来種の豆を守りたい、
という長谷川さんの思いを感じました。

今年に入り、
久しぶりに入った三軒茶屋のマメヒコで、
べにや長谷川商店さんのチラシを手に取ると、
「豆ランチ」というのがありました。
ちょっと行ってみようかな?

3月、その豆ランチに行ってみました。
豆スープ、豆パスタ、豆あえもの、豆アイス…
豆尽くしのメニュー。
全部食べたら胸やけかな~?
と思って食べると、
なんと全く胸やけなし。
どうしてなんだろう?
品種改良されていない在来種だから?

そして、
待ちに待った昨日、
初豆料理教室体験。
豆を煮て使う、いつもの料理以外の料理。
炒ってから煮る、炊く、茹でる。
スパイスを使う、
肉の代わりに使う、
などなど。

長谷川さんのレシピは、多国籍。

そうか、こうなのか。
どうして考えられた料理なんだろう?
想像力を働かせて、
ビックリしたり、
楽しんだりしてきました。

食って、料理って何だろう?
って。最近思います。

豆の食べ方から、
食について
ふりかえってみました。



[PR]
by totoko110 | 2017-05-14 12:20 | 食べ物・料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< スパイスハウスさん かしわ餅の葉 >>