ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

さざえ堂

e0112619_20153398.jpg

8月の会津若松、盆地だからか暑いです。

会津若松でまだ行っていなかった飯盛山へ向かいました。
白虎隊で有名な山ですが、
江戸時代に作られたさざえ堂という珍しい建築があるのです。
さざえのようなカタチのお堂。
入り口から出口まで、一度通ったところを通らず、
ぐるりと塔を登って降りられる、木造の建造物です。

傷んでいたものを修復してくださった方々のおかげで、
今、こうして美しく、観光客が見学できるようになっています。

飯盛山は、古くから神の山として
人々の信仰を集めていた場所だそうです。
磐梯山系の水が、
山からどうどうと音をたてるほどたっぷり流れ出て、
会津の盆地を豊かな水の土地として、
守っているようです。

[PR]
by totoko110 | 2016-10-14 20:15 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< カスタードプリン 静かな朝 >>