ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

タンボ・ロッジさん

e0112619_1873796.jpg


会津鉄道会津尾瀬口駅で、バスを待つこと50分。
最終バス18時10分。
乗るのは、わたし一人。
「タンボ・ロッジさんまで。」
と運転手さんに言って乗ってください、
とHPにあったので、言って乗る。

山を登って降りて、20分後、
「ここですよ。 ところで、ここは、何ですか?」
と、バスの運転手さんに聞かれた。
どうやらバスの運転手さんも知らない様子。
「宿泊施設ですよ。」そう言って降りるわたし。

最近、オーナーさんが料理教室をされているので、
たくさんの人がバスでやってくるらしい。



バス停を降りると、
夕暮れの山の中にぼんやりあたたかい明かりが見えた。

中からタンボ・ロッジの奥様がお出迎え。
タンボ・ロッジさんは、アンデス料理を基本にした
ベジ・メニューの食べられるお宿です。
朝倉さんのFacebookで知り、
3月に米粉のロールケーキを教えていただいたので、
いつか泊まってみたいと思っていたのです。

今回、朝倉さんの料理教室が15時に終了ということだったので、
宿泊してみることにしたのです。

[PR]
by totoko110 | 2016-08-31 18:07 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タンボ・ロッジさんにて 会津高原尾瀬口駅 >>