ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

全粒粉40%のパン

e0112619_1921135.jpg

先日、ウエダ家さんの全粒粉100%の古代小麦パン講座に行ってきました。
古代小麦全粒粉(スペルト粉とカムット粉)100%を消化しやすいパンに、
と、熱く語るウエダ家ゆうさん(師匠)には、
本当に失礼なんですが、
全粒粉のパンが好きではないので、
全粒粉100%のパンは、どうしても作る気になれず、
昨年ずっと焼き続けた方法で、
全粒粉40%にして、焼いてみました。

ウエダ家さんのEPS(マイグルト)を起こした元種、
水道水、小麦粉、塩、
さっくり混ぜて、タッパーに入れて低温でゆっくり発酵させてます。
糖分入ってません。
クルミとレーズンは、成型時に入れました。
こねてませんし、ビニールにも入れませんよ。
2次発酵では、だらーっとぺったんこになるのですが、
焼くと菌の力で立ち上がります。
焼きあがるとチーズのような香りがします。

イーストパンを焼かなくなって1年、
家の菌環境もかなり変化していると思います。
良い感じです。

パンの話ばかりブログにアップしているので、
友人にパンの仕事でもするのか?
と、思われていたようですが、
パンのお仕事は、だぶんしないです^^;
[PR]
by totoko110 | 2015-02-11 19:21 | 食べ物・料理 | Comments(0)
<< 木々の間を歩く 今年のお味噌 2 >>