ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

マイグルトでパンを焼く

e0112619_17284189.jpg

昨日、F整体さんに行くと、
カラダがなかなかいい感じになっていたようです。
興味のあることにわくわくして挑戦している時、
どうやら元気になるみたいです。

その元気のもとは、マイグルトで焼くパンのようです。
瓶に入っているマイグルトと水が、パン種になるまで、
少し時間がかかります。
コンディションの良いパン種を作るのにも、
時間や温度や、水や空気が、かなり関係してきます。

先月から家のオーブンで3回焼いて、
ようやくフランパンに似たのが焼けました。
(でも、クープが浅すぎて、向こう側が素敵な底割れでした^^;)
写真の瓶は、今度の土曜日に焼く準備中の元種です。
寒い玄関で、ゆっく~り起こします。


いろんなことに、たくさん失敗すると、
たくさんのことに気付くことができたりします。

温度管理、部屋環境、季節の変化、
乳酸菌と酵母の関係、
パンの発酵、焼く温度と時間、
パンのカタチ、具材とのバランス…

今年は、そんなことを気にしながら、暮らすようです。
[PR]
by totoko110 | 2014-02-02 17:28 | 食べ物・料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< りんご酵母とトマト酵母 いちごの豆乳カスタードタルト >>