ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

昆布COBO

e0112619_14384677.jpg

パートの仕事で、2週間忙しくしておりました。
その合間の休日で、「ウエダ家」さんの
「甘酒種おやき(2回)」と「COBOみそ」講座に参加しました。


昨年秋、酵母のことを勉強しなきゃ!しなければならない!
と思って受講した「ウエダ家」さんの講座でした。
そのわたし、数か月後に天然酵母にムクムク興味が出てきました。

作るわけないかな?と、思っていた初の天然酵母は、
味噌を仕込むための昆布COBOです。
昆布は、以前昆布講座でお世話になった
築地・吹田商店さんの利尻昆布です。
仕込んで10日で、昆布COBOが出来上がります。
その間に、ネットなどで麹など他の材料をお取り寄せしました。
次の休日には、COBOみそを仕込みます。

昆布COBOは、味噌作りの他にも、
昆布水のように出汁に使ったりします。
本物の味噌を使えば、味噌を少量溶くだけで、
旨味のある味噌スープになるそうです。
昆布水との違いは、3日以上過ぎても、
中の水が腐ってないことや、もちろん透明感も持続します。

乳酸菌と酵母の働きで(昆布COBOは、乳酸菌が酵母より多い)、
おいしくて旨味があり、
なにより消化の良い料理ができることが、
とっても魅力的です。

職場では、消化力の落ちた患者さんが多いので、
マイグルトとともに、天然酵母を使いこなせるように
早くなりたいなぁ~、と、思ってます。
(…と、1月22日の甘酒講座受講後、決心しました。)
[PR]
by totoko110 | 2014-01-26 14:38 | 食べ物・料理 | Comments(0)
<< マイグルトのパン 渋谷の夕暮れ >>