ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

一学期6月

e0112619_103258.jpg

1年の中で、一学期が一番長くてすがすがしい時期だと、
勝手に思っています。
そんな一学期が、もうあと1ヶ月ちょっとで終わってしまいます。
自分が、毎日時間に追われている間に、
子どもたちは、どんどん思い出の日々を過ごしていたのでした。

保護者会にも行けなかった下の子のクラスで、
土曜日、自分たちで作った劇の発表会がありました。

昨年度まで、2年間担任だった熱血体育会系先生から、
春に海外の日本人学校から帰ってきた熱血あったか先生に替わり2ヶ月。
子どもたちの力を自然に出して行く先生の、
その魅力はなんだろう?
ダンナと話していたら、
先生の目線が低いからなんだろうね、
と言う結論になりました。

子どもたちが、自分たちで作った劇は、
3.11の話題に触れるもので、
劇のあと、先生から日本人学校でのチャリティ活動や、
先生たちの活動の話を聞きました。
学校でその話を、今、聞けることは、子どもだけじゃなくて、
自分にも問題提起をされたようで、
土曜日からずっと頭の中に、残っています。

人の考え方は、いろいろで、
なかなかどれが正しいか、なんて、
言い切れないことが多いです。
いつも、迷いながらも、
自分の考えを常に軌道修正しながら、
足もと見ながら進んで行けたらな、と、思ってます。
頭は、柔らかいに越したことはない、
最近特に実感します。
何事も、自分が実験室でありたいです。


上の子の部活は、日曜日夏の大会敗退で引退。
いよいよ、受験生です。
今朝は、珍しく8時前に起きて、
8時15分頃学校に行きました。
(いつもは、もっと遅い。。。)
下の子は、クラスの女子同士の人間関係にもまれながらも、
たくましく生きているようです。
小学校6年女子は、難しい時代ですね。
ガンバレ。


さぁ、
今日は、制作活動!
[PR]
by totoko110 | 2012-06-12 10:03 | くらし | Comments(2)
Commented by tamago at 2012-06-12 23:38 x
こんにちは♪
子どもさんたち、充実した毎日を過ごされているのですね*^^*
親が思うよりも早いスピードで成長していることに、
ある日、ハッと気づかされたりすることって、ありませんか?
最近、どうも頭が固くって…^^;
本当に、いつも考えを軌道修正しながら進んでいけたらいいな…
と思うこの頃です☆
Commented by totoko110 at 2012-06-13 09:56
tamagoさん、こんにちは♪

自分が子どもだった頃のなにげない日常生活が、
今では、宝物のような思い出になってたりします。
そんな毎日を、子どもたちが送っているのかな?
と、思うと、不思議な気持ちです。

子どもは子ども、親は親、で進んでいる時間には、
ある日ハッと気付くことが、多いのかもしれないですね~。

気持ち柔らかくしたい^^;わたしの願望です♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ブックカバー(文庫) 2days shop のかわいいもの >>