ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

後方支援

情報が、たくさん入ってきています。

買いだめをしないようにしましょう。
ガソリンなどの燃料を、余分に手に入れないように、
停電以外にも節電したり、
エネルギーを節約しましょう。
個人の援助は、なるべく義援金にしましょう。
震災地にむやみに立ち入るのは、遠慮しましょう。
(ボランティアは、募集している地域の確認必要)


今、わたし達ができるのは、このぐらいのことかもしれません。
買いだめは、本当にいけません。
東京のスーパーでは、パンやカップ麺、棚に並んでないようです。
(今週日曜日に行ったきりなので、上の子から聞いた話ですが…)
箱でカップ麺や水やカイロなどを買いだめした方、いらっしゃいましたら、
是非、下記の支援にご協力お願いします。

昨日、渋谷の青空個展を主催する、
「東京リサイクル運動市民の会」さんから、
チャリティ支援活動の連絡がありました。
「みちのくフリーマーケット協会」宮城支部(名取市)へ、
支援物資を送るそうで、
3月18日(金)までに東京の事務所まで
郵送または、持ち込んでください、

というものでした。←3月18日夜、無事にトラック出発したそうです。

「東京・リサイクル市民運動の会」
〒164-0013
中野区弥生町4-14-2
03-3384-3636
(丸の内線「中野新橋」駅より徒歩10分)

「MOTTAINAIキャンペーンステーション&ショップ」
〒100-8051
千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル1F
03-3214-2760
(東西線「竹橋」1b出口より1分)

未開封の
①包帯、バンドエイド、消毒液などの医療品
②カイロ、歯ブラシ、おむつ、生理用品、水不要のシャンプー、下着、ポリタンク
③カップ麺、米(無洗米)、お菓子、ペットボトルの水
④懐中電灯(使用したものでも可)←乾電池も必要


支援物資は、地域や企業からも、沢山現地に運ばれているようです。
運ぶ車の確保や受け入れ体制が整っていないので、
まだ、行き渡ってないようです。
沢山の人達が、がんばってくれているようです。
相模原市が、災害直後に無線で連絡を取り合い、
支援を迅速にされていたことが、素晴らしい、と、思いました。



今日のNHKでやっていた後方支援に、
わたしも協力したいと思っています。
「野菜サポーター」
新燃岳の噴火で被災された農家さんの野菜を買い付け、炊き出しに使う支援です。
被災地NGO協働センター

まだまだ、さまざまな後方支援があると思います。

これから、長い支援が必要だと思います。
支援活動が、ずっと長く、続いてくれますように。。。
[PR]
by totoko110 | 2011-03-17 10:08 | くらし | Comments(2)
Commented by moussedenell at 2011-03-17 11:07
totokoさんご家族もご無事でなによりです。
スーパーの光景を目の当たりにすると、このような自然からの大警告があったにも関わらず、まだそういうことが行われるのかと、愕然とし悲しくなりました。
私たち家族も個人的には今はとにかく節電と義援金が最良の方法と思って微力ながらさせていただいています。
そして、長いスパンでその心をもっていけないといけないことも強く感じています。
余震や静岡でも地震が起きています。
お互いに気を付けましょうね。
Commented by totoko110 at 2011-03-17 13:11
mousseさん、お仕事中の地震、たいへんでしたね。
まだまだ余震があって不安ですが、お互い気を付けて暮らしましょう。

何を最優先するべきか、冷静に情報を選別したいです。
今は、個人的にすぐ役立つことって微力ですよね…
支援活動の窓口を知っておくことで、
これから先の長い支援を、どんなカタチでしていくことができるのか、
考えることにつながるのかな?
今日のわたしは、そんなふうに思ってます。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 淡い希望を 地震 >>