ブログトップ

くらしのなかの編む縫う

amunu.exblog.jp

ヒナを拾わないで!

e0112619_23504486.jpg








月曜夜、上の子のヤマハお迎えの道中、いつもの歩道で、
「ピィ~~~」
という声が、自転車の下から聞こえてきました。

小さなメジロのヒナが、巣から落ちたのか、うずくまっています。
街路樹の上から、親鳥らしき、けたたましい鳴き声…
わずかに飛べるのか、車通りの激しいバス通りにヒナは、移動。。。
危な~い!!!

わたし、無我夢中でヒナをつかまえ、そのままヤマハに向かいました。
e0112619_23504460.jpg
ヤマハの先生方のご協力で、箱に入れてもらい、
そのまま我が家にやってきたヒナ。

(もう区の相談窓口も電話にでないだろうし、
 翌日まで、我が家で保護しようということになった…)

とりあえず、だしでのばしたおかゆを少し食べさせ、ふた付きのかごに入れ、
子どものお古の肌着でくるみ、暗い場所に置いたら、落ち着いて眠った様子。。。


夜中、ネットで、いろんなことを調べていくと、
「野鳥のヒナを、拾わないで!」
というキャンペーンポスターを配布している団体のHPにたどり着きました。

野鳥は、卵から巣立ちまでの期間が短く、
まだ飛べないようなヒナでも、親鳥が訓練して、
エサの食べ方から、飛び方まで指導している時期があるそうです。

そして、保護したヒナも、元の場所に返すのが、一番、
という結論になりました。
e0112619_23504469.jpg
それでも、バス通りの街路樹に返すのは、どうもな…

朝早く起きて、かごを前に考えていたら、

「ピィ~~~!」
と、窓際で鳴いていた声に、どこからともなく、たくさんのメジロの成鳥が、
虫をくわえて我が家の庭に、集まってきました!
ユーカリに、オリーブに、水道の花台にもメジロメジロ!

かごを外に置くと、何羽かのメジロが、かごまで来て、
えさの虫をあげようと、何度もトライ!
どうしても、うまくあげられない!

「ピユピユ」「ピィ~~~」「ピユゥピユゥ」「ピィ~~~!」

大騒ぎの我が家のメジロ合唱団、になってしましました^^;

自分の子じゃなくても、「ピィ~~~!」と鳴く声に、
成鳥のメジロ達は反応して、お世話してくれるんだ!
お互いさまの子育てなんだ!
と、その時気付き、
かごのふたをあけてみました。

小さく飛んで行ったヒナでした。
その後を、数羽のメジロ軍団は、守るようについていってくれました。

「野鳥のヒナは、拾わないで!」
出会えて良かったHPでした^^
[PR]
by totoko110 | 2009-07-07 23:50 | くらし | Comments(2)
Commented by tamago at 2009-07-08 13:02 x
感動しました!
小さな体で、メジロはなんて力強い子育てをするんでしょう。
無事にヒナが戻れてよかったですね。
totokoさんの優しい保護のおかげだと思います。バス通りでは危険すぎますから。
ペットと違って、野生動物への対応は難しいですね。
うさぎを飼い始めてから、他の生物のことにも興味が出てきました。

嬉しいお見舞いの言葉をありがとうございます。父も喜びます。^^
おかげさまで日毎に順調に回復しています。
Commented by totoko110 at 2009-07-08 23:42
tamagoさん、こんばんは。
お父さん、順調に回復されている、とのこと、
安心しました^^

野生動物メジロ、たくましくすばらしい子育てだと思いました。
鳥の飼い方、の本には、メジロの飼い方は、
ほとんど載ってないそうです。
野生動物は、飼ってはいけないのです。。。
人間が、かわいそう、と思っても、
メジロ達には、おせっかい、なのですよね^^;
自然界には、ルールがあること、
教えてもらった出来事でした…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 6年 大学の中にあるレストラン >>